top of page

テレワークがなくならない、3つの理由


この数か月間、世界中でたくさんの人々がテレワークを経験しました。この柔軟で費用対効果の高いワークスタイルに移行する人々が増加している理由は、新型コロナウイルス感染症の世界的な大流行だけではありません。今回は、テレワークがなくならない3つの理由をご紹介いたします。




1. ミレニアム世代

 

最近の研究では、2025年までにミレニアム世代(1980~2000年に生まれた人) が中国で最大75%の労働力を占め、世界中の多くの国で同じような状況が見られるようになるだろうと予想されています。ミレニアム世代は組織の中で重要な役割を担い、意思決定に大きな影響を与え、働き方の変革を求めています。


米ベントリー大学の調査によると、ミレニアム世代の77%が柔軟な労働時間は生産性を向上させると考えていることが分かっています。企業や組織は、従業員の3分の1以上が職場環境の改善を要求している場合、その要求に応じて改善を行う必要があります。ミレニアム世代の「場所を問わず働きたい」、「もっと経験値を上げたい」などの希望と、働き方における現代のトレンドを重ね合わせると、今成長を遂げている労働力であるこの世代が、なぜ時間や場所に柔軟性を求めるのかが容易に理解できます。彼らは 「今」の世代であり、そんな彼らが 「今」 欲しいものが、より柔軟な勤務スケジュールなのです。



2. テクノロジー

 

最近の自動化とロボット工学の進歩により、世界の多くの地域で、サービス重視の経済から知識ベースの経済への移行が進んでいます。科学技術は、10年の間にあっと言う間に直線的な成長から指数関数的な成長へと発展しました。私たちが現在使用している、ミリ秒以内に情報を配信できるコンパクトなデバイスからも明らかなように、科学技術は驚くべき進化を遂げ、世界の最も貧しい地域においてさえ、より速く安定したインターネットが普及しています。


この調子でいけば、テレワークであってもますます快適に働くことができるようになるでしょう。ビデオ会議をよりスムーズに行うことができ、会議をしながら編集でき、コンテンツを共有したり、デバイスに合わせて画面を自動的に調整できるなど、多くの便利なビルトイン機能を活用することができます 。Larkのような革新的なコラボレーションアプリを使えば、テレワークがより簡単で楽しいものになります。近い将来、どこにいてもアクセスできるデジタルツールを「オフィス」と呼ぶ時代がくるかもしれません。



3. グローバリゼーション

 

私たちは日頃から、自分がどのくらい「つながり」を持っているのかを、SNSなどを通して目の当たりにしています。グローバルサプライチェーンとは、さまざまな文化や言語、時間帯を持つ複数の国による無数のつながりです。実際、世界各地に拠点があるため、グローバル企業はすでに何十年も前から「テレワーク」で働いています。グローバルチームは、各地に「分散したチーム」とも言えます。


このようにグローバルに展開している企業にとって、Larkは非常に役立つツールです。カレンダー機能では複数のタイムゾーンを追加できるため、いつでも現地時間で作業ができます。ビルトインの自動翻訳ツールを使用すれば、ユーザーは母国語でコミュニケーションをとる事ができます。Larkを使えばロンドン、ムンバイ、東京を結ぶビデオ会議を簡単に設定し、時間や場所を選ばずに、同じドキュメントを共有することができます。



さまざまな機能が揃った統合型コラボレーションアプリ、それがLarkです。Larkはすべての機能を無料でお使い頂けます。早速登録して、Larkをご体験ください。

閲覧数:0回

最新記事

すべて表示
screenshot-20240111-095026 (1).png
bottom of page