top of page

補助金コンサルティング

更新日:2月4日



専門化された補助金サポートを提供


私たちの補助金コンサルティングサービスは、返済不要の補助金プログラムに特化し、企業や個人事業主の皆様のビジネスを支援します。過去に補助金申請で困難を経験された方々や、補助金の可能性を初めて探求する方々に対し、最適な補助金の特定から申請、受給までを全面的にサポートします。


豊富な実績に基づく信頼性

年間150件以上の大型補助金の支援実績を持ち、総採択金額は9億円を超えています。

不採択時でも、次回申請までのサポートを無償で提供しています。


顧客中心の帆走型支援

私たちは、丸投げではなく、顧客が中心となるサポートを提供します。事業計画書の作成から申請まで、お客様が深く関与することが補助金採択の鍵です。この関与は、補助金が採択された後の事業者の関与度合いをチェックするトレンドにも対応しています。



私たちの3つの強み

 

1. 補助金受給までの徹底支援

多くの他社様は採択後までの支援期間としてますが、当社は採択後の作業も含め、補助金受給までを支援期間として設定しています。下の図だと実績報告の後になり、準備から実績報告まで1年以上かかる場合も少なくありません。


補助金の工程

私たちの目指すのは、お客様と私たち双方が成功を収めるwin-winの関係構築です。多くの事業者が補助金採択後の作業の複雑さを経験していることを理解しており、そのために長期間の支援を提供しています。


私たちの目標は、お客様が成功し、同時に私たちも成功するwin-winの関係を築くことです。

多くの事業者は補助金採択後に作業の複雑さを経験し、採択後の対応が大変であることに気づきます。

そのことを知っているからこそ、当社はここまで長い支援期間を設定し支援を提供しています。


帆走型支援:

私たちは、事業者自身の積極的な関与が評価ポイントとなる補助金申請において、顧客主導のアプローチを提供します。これにより、ビジョンと計画が明確に反映され、成功の可能性を高めます。


2. 帆走型支援

当社の帆走型支援は、補助金の申請プロセスにおいて一般的な「丸投げ」方式から一歩進んだアプローチを提供します。


多くの場合、事業計画書の作成から申請までを外部に委託する方法が取られますが、当社ではこの手法を採用していません。なぜなら、補助金の審査においては、事業者自身の積極的な関与が重要な評価ポイントとなるからです。


近年のトレンドでは、補助金を受給するためには、事業者自身が計画の策定や申請プロセスに深く関与する必要があります。補助金が採択された後、事業者の関与度合いをチェックするケースが増えており、ここで事業者の関与が不十分であると判断されると、補助金の受給が危ぶまれることがあります。


私たちの帆走型支援では、事業者自身の積極的な関与が評価ポイントとなる補助金申請において、顧客主導のアプローチを提供します。これにより、ビジョンと計画が明確に反映され、成功の可能性を高めます。



3. 150件もの支援実績を支える仕組み

効率的な組織運営と厳格なルールに基づく当社のシステムは、年間150件以上の案件を成功に導きます。役割と責任の明確化、仕組み化された支援業務を通じて、高品質なサービスを提供します。


当社の補助金コンサルティングサービスは、年間150件以上の案件を成功に導く、確固たるシステムに支えられています。この成果の背景には、厳格なルールと効率的な組織運営があります。



品質保証と仕組み化された業務

 

役割と責任の明確化

当社では、内部メンバーの役割、作業内容、そしてそれぞれの責任範囲を明確に定義しています。この透明性が、担当者によるサービス品質のばらつきを排除し、一貫した高い品質を保証します。


仕組み化された支援業務

サービスの提供過程を仕組み化することで、各案件に対して効率的かつ効果的なアプローチを実施しています。これにより、多様なニーズに応じた柔軟な対応が可能となり、お客様ごとに最適化されたサービスを提供できます。


顧客満足度の向上

これらの取り組みにより、お客様からの信頼を得ることができ、結果として多くの支援案件を手掛けることが可能になっています。私たちは、お客様のビジネスが補助金を通じて次のステップへと進むことを全力でサポートします。当社の信頼性と実績が、お客様の成功への道を切り開きます。


お問い合わせ

補助金に関するお問い合わせや、詳細なサービス内容については、いつでもお気軽にご連絡ください。私たちは、お客様のビジネスが次のステップへと進むための全力サポートをお約束します。



閲覧数:3回

最新記事

すべて表示
screenshot-20240111-095026 (1).png
bottom of page