top of page

Larkと電子契約の相乗効果

近年、業務改善とデジタルトランスフォーメーション(DX)は、企業が競争力を維持するために不可欠な要素となっています。特に、紙管理に関連する課題や業務の効率化、リアルタイムな情報共有の重要性、そして日本企業特有のハンコ文化の課題は、多くの企業が直面している課題です。例えば、オフィスでは、入社手続き、契約書、その他の承諾書など。店舗経営などでは、賃貸借契約書、雇用契約などオンラインで署名が収集できるとLarkの活用が広がりそうです。


1. 紙管理における課題の解決


現場に残る紙管理は、書類の作成、配布、保管などに時間と手間がかかるだけでなく、データの損失や情報の漏洩のリスクも伴います。Larkを使用することで、テンプレート化された書類をアップロードし、必要な署名フィールドを追加するだけで簡単に電子契約を作成できるかもしれません。これにより、紙管理に関わる手間やリスクを大幅に削減することができます。


2. 業務の効率化とリアルタイムな情報共有


LarkのDocsや承認、あるいはBaseを活用して契約を行うとします。Baseを利用した場合、連携された情報に基づいてBaseシートが自動的に作成され、各フィールドの進捗状況を受信者ごとに追跡できます。また、Lark Baseはリアルタイムで更新されるため、いつでもどこでも最新の情報を確認できます。これにより、業務の進捗管理や情報共有が効率化され、チーム全体での協力が促進されます。











3. ハンコ文化の課題を解決

日本の企業では、ハンコ文化が根強く残っており、決裁や稟議の遅滞が問題となることがあります。しかし、Larkと電子契約が連携できれば、ハンコを必要とせずに書類の承認や署名を行うことができます。これにより、決裁プロセスの迅速化や稟議の円滑化が実現し、ビジネスのスピードアップが図られます。


4. Larkの役割とメリット

Larkは組織内のコミュニケーションやタスク管理、プロジェクト管理など、さまざまな機能を備えています。これにより、チーム全体の連携を強化し、業務の効率化や情報共有の改善を実現できます。また、Larkはクラウドベースで提供されるため、セキュリティ面でも安心して利用できます。今後、新たな機能が追加されれば、Larkでできる業務の幅がさらに広がることでしょう。




システム管理者の体験向上

 

また、ワークフローのルールとフォームの設定も簡単であり、ドラッグ・アンド・ドロップで素早くワークフローを組むことができるため、短時間でソリューションの構築が可能となります。



まとめ

 

紙管理の課題の解消、業務効率化とリアルタイムな情報共有の実現、ペーパーレス化による効率化、ハンコ文化からの脱却と新たなビジネスチャンスの創出による業務効率化など、これらの要素が相互に連携し、より効果的な業務改善とDX推進を実現することができます。Larkを活用して、企業の業務効率化と競争力強化を進める一歩としましょう。Larkが自社に合うのか?どんなことができるのか?詳しく知りたい方は、今すぐLarkにお問合せをして、詳細を確認しましょう!

閲覧数:0回

最新記事

すべて表示
screenshot-20240111-095026 (1).png
bottom of page