top of page

Larkとfreee会計のAPI連携:効率的な組織管理と便利な給与明細の一元化と分析へ

API連携の基本的な説明

 

API(Application Programming Interface)連携は、異なるソフトウェアやシステム間で情報や機能を共有するための手段です。APIは、アプリケーション同士がデータを交換したり、サービスを利用したりするための規約やインターフェースです。API連携を行うことで、例えばウェブサイト上のフォーム入力を別のデータベースに保存したり、外部サービスの機能を自分のアプリケーションに組み込んだりすることができます。API連携によってシステム間のデータの受け渡しや処理がスムーズに行われるため、各システムの有効性を補完し最大化にすることで、効率性や生産性の向上に貢献できる効果があります。



LarkとFreeeのAPI連携の方法

  1. 開発者アカウントの取得: Larkとfreee会計のAPI連携を行うためには、まずLarkの開発者アカウントとfreeeの開発者アカウントを取得する必要があります。開発者アカウントを取得するには、それぞれの公式ウェブサイトで登録手続きを行います。

  2. APIキーの生成: Larkの開発者アカウントにログインし、APIキーを生成します。APIキーは、Larkとfreee会計のシステムがデータをやり取りするための認証情報です。

  3. API連携の設定: freeeの開発者アカウントにログインし、LarkとのAPI連携を設定します。APIキーなどの必要な情報を入力し、連携を有効にします。

  4. データの連携: Larkとfreee会計のAPIを使用して、必要なデータを連携し,APIリクエストを使用してデータを作成・更新し、両システム間でデータの同期を行います。 (例えば、従業員の情報や給与明細の情報など)

  5. データの表示と活用: Lark上でfreee会計から取得したデータを表示し、必要な操作や分析を行います。



LarkをfreeeとのAPI連携を通して達成できる価値

 

LarkとfreeeのAPI連携によって、freeeの既存の会計機能各種をさらに昇華させ、その機能のバリューの最大化を図ることが可能になります。具体的には、複数システムへのSingle Sign Onの実現、データの一覧化と可視性の向上、日常業務の省力化と効率化の三つにあると考えられます。














まず、LarkとのAPI連携を通して、freeeへの複数システムでのSingle Sign On(SSO)が可能になり、デバイス操作においての俊敏性が改善されます。従来、各システムの入り口でしかログインできなかったところをLarkとFreeeのAPI連携により、互換性が高められ、お互いのIDP(アイデンティティプロバイダー)として操作することができます。そのため、従業員は一度のログインで両システムにアクセスすることが可能になり、モバイルフレンドリーのLarkで簡単に欲しい情報をいつでもどこでも入手可能で、より効率的な業務運用が実現されます。



また、API連携後、LarkのBase機能を活用し、freee上に蓄積されたデータの一覧化と可視性の向上により更なる効率的な組織管理も実現できると考えられます。例えば、freee管理画面上で固定化された従業員一覧をBase機能を通してカスタマイズし、必要な情報の抽出、整理、そしてグラフ化することが可能なため、従業員データへのさらなる活用が期待できます。Lark上で組織管理データが一元的に管理されていることで、freee上にあるデータ各種を必要に応じてBaseに落とし込んで運用することができます。管理者は個々のマネージメントに応じて、適宜かつ簡単にデータをタイムリーに使用することができ、情報分断への防止や現場の把握が容易になり、より効率的な組織管理が実現されます。



最後に、日常業務への省力化及び効率化もLarkとfreeeとのAPI連携を通して実現できます。Larkでは、ワークフローに応じて自動プッシュ通知の設定が可能です。自動化機能を使用することで、例えば給与明細への簡単確認などの定期的業務やタスクに対し通知を送ることによって、確認の抜け漏れ防止になりますし、手間のかかる手続きや複雑な操作が省くことにもなるため、業務省力化の達成が見込まれます。また、承認や稟議など、従来長引きがちかつステータスの追いづらい社内フロー等々への可視化も容易に実現できます。承認の申請と実行を1つのプラットフォーム上で完結。外出先でもワンクリックで内容の確認と承認が可能なため、組織内の承認プロセスがスムーズ化し、データの正確性と可視性が向上されます。これにより、組織のより迅速な意思決定が可能となり、全体効率の改善に繋がります。





最後に

 

以上のように、LarkとfreeeのAPI連携によって効率的な組織管理とデータの一元化及び分析が実現され、複数システムへのSingle Sign Onの実現、データの一覧化と可視性の向上、日常業務の省力化と効率化という付加価値がもたらされます。Larkを導入し、あなたも業務の効率化と生産性の向上を実現し、競争力を強化してみませんか。

閲覧数:0回

最新記事

すべて表示
screenshot-20240111-095026 (1).png
bottom of page