top of page

LarkとKing Of TimeのAPI連携:効率的な勤怠管理と生産性向上への一歩


採算性が注目を浴びる今日、企業にとって、デジタル化の波に乗ってにいかに効率的な勤怠管理と生産性の向上を実現できるかが重要な課題です。そんな中で、とりわけツール各種の活用度合いがそのポイントになり、新規ツールの適用はもちろんですが、既存ツールの価値最大化といったところも関連する大きな要素となっています。そこで、LarkとのAPI連携を通して、日本市場での浸透率が上位にランクインする打刻管理システムKing Of Timeのさらなる活用方が注目を浴びています。本記事では、API連携の基本的な説明、LarkとKing Of Timeの連携方法、そして連携によって実現できる価値について解説します。



API連携とは?

 

API(Application Programming Interface)連携は、異なるソフトウェアやシステム間で情報や機能を共有するための手段です。APIは、アプリケーション同士がデータを交換したり、サービスを利用したりするための規約やインターフェースです。API連携を行うことで、例えばウェブサイト上のフォーム入力を別のデータベースに保存したり、外部サービスの機能を自分のアプリケーションに組み込んだりすることができます。API連携によってシステム間のデータの受け渡しや処理がスムーズに行われるため、各システムの有効性を補完し最大化にすることで、効率性や生産性の向上に貢献できる効果があります。



LarkとKing Of TimeのAPI連携をするには?

 

  • API連携の準備:

    • LarkとKing Of Timeの管理者は、それぞれのシステムでAPI連携の準備を行います。

    • Lark側では、Larkデベロッパーコンソールにアクセスし、APIキーを生成します。

    • King Of Time側では、API連携の設定を行うための情報を収集します。


  • API連携の設定:

    • Larkデベロッパーコンソールにて、King Of TimeとのAPI連携を設定します。設定にはAPIキーの登録や認証情報の設定が必要です。

    • King Of Time側では、LarkのAPI連携設定を行います。この際、Larkで生成したAPIキーや認証情報が必要になります。


  • データの連携:

    • LarkとKing Of TimeのAPIを介して、必要なデータを連携します。(例えば、従業員の勤怠情報や休暇申請など)

    • LarkからKing Of Timeへデータを送信する際には、APIリクエストを使用してデータを作成または更新します。


  • データの同期と表示:

    • LarkとKing Of TimeのAPI連携によって、両システム間でデータが同期されます。これにより、Lark上でKing Of Timeのデータを確認することができます。

    • Lark上では、従業員の勤怠状況や休暇履歴など、King Of Timeのデータを一元的に表示することができます。



LarkをKing Of TimeとのAPI連携を通して達成できる価値

 

LarkとKing Of TimeのAPI連携によって、King Of Timeの既存の打刻機能をさらに昇華させ、その機能のバリューの最大化を図ることが可能になります。具体的には、全社における勤怠管理データの可視化及び一元管理の実現、現場勤務時間の把握及び残業削減、勤務時間管理の効率化の三つにあると考えられます。


まず、勤怠管理データの可視化ですが、LarkのBaseを通して従業員の勤怠データのリアルタイムでの可視化が可能になり、所定のフォーマットに指定、記録された打刻データを多種多様な分析の必要に応じて、カスタマイズでテーブルやグラフ各種で表示できるようになり、データの可視性を大きく改善します。そのため、管理者や意思決定者は一元的にデータを即座確認することができ、出勤率や勤務時間の傾向を把握することがより円滑に実現できます。働き方改革やより効率的な働き方の推奨なども、データに基づく施策を打ちやすくなり、全体的な推進がよりスムーズにできるメリットが与左往されます。もちろん、従業員でも、一人一人がご自身の勤怠状況を確認し、より効率的な時間管理を行うこともできてきます。


また、LarkとのAPI連携を通して、従業員の残業時間への管理もよりスマートにできる効果があります。Larkでは、自動通知各種をワークフローに応じてカスタマイズに設定できるため、例えば、King Of Time上の従業員一人一人の勤怠データと連携し、月間残業時間が一定の基準を超えた場合にはプッシュ通知が送信されていくような自動化フローを設定することで、従業員たちの燃え尽きや過労への備えにもなりますし、従業員に対して労働時間の適切な管理を促すこともできます。現場責任者の方達にとって、適用しやすい労働時間管理の活用法となっております。


最後に、King Of TimeのLarkとのAPI連携で、勤怠時間管理の効率化が達成できるようになります。従来、勤怠のデータは所定のフォーマットと場所に格納、管理されており、必要とされる連絡やフォローアップをマニュアルで実施しなければなりませんでした。LarkとのAPI連携を使用することで、従業員の勤務時間の自動集計が可能となり、さらに自動通知などの設定を通して定期的に勤怠データをプッシュすることで、管理側だけでなく、スタッフ一人一人の個人レベルでの時間管理がより容易になります。また、従業員はモバイルフレンドリーのLark上で勤怠情報をいつでもどこでも入力可能なため、これまでパソコンで入力しなければいけない呪文から解放され、時間の効率性が上がる効果も見られます。




最後に

 

以上のように、LarkとKing Of TimeのAPI連携によって効率的な勤怠管理と生産性向上が実現されます。従業員の勤怠データの可視化やプッシュ通知を通じた残業管理、効率的な勤務時間の管理と効率化という価値がもたらされます。Larkを導入し、効率的な働き方の実現と生産性の向上をしてみましょう。

閲覧数:0回

最新記事

すべて表示
screenshot-20240111-095026 (1).png
bottom of page