top of page

AnyCrossの活用事例:Lark + freee人事労務連携で勤怠管理


まずは動画をご覧ください





労務管理する際に、こういう悩みはありませんか?

 

企業経営者や業務管理者にとって、労務管理は避けて通れない業務の一つです。しかし、従業員の勤怠管理、労務管理システムの整合性、承認フローの適切な進行など、多岐にわたる課題が存在します。

例えば、お使いの労務管理システムで、指定の管理画面でのみ操作が許可されデータの確認に制約がかかっていると業務に支障が出ることがあります。出張や顧客訪問など、オフィス外での即時の判断や対応(承認など)が求められる場面で、適切な情報にアクセスできないことは、業務の遅滞を招き、ビジネスチャンスの損失などにつながる要因にもなり得ます。

例を挙げると、従業員の勤怠承認の抜け漏れが発生するリスクの高騰が想像しやすいのではないでしょう。勤怠管理は、給与計算や労働時間管理に直結するため、抜け漏れが生じると、経営リスクとして従業員の信頼低下や法的な問題を引き起こす可能性も出てきます。

これらの課題は、企業の労務管理の質と効率を低下させるだけでなく、経営全体のリスクとしても顕在化してしまいます。経営者や管理者は、システムの多角的な運用や冗長性を持たせることで、これらのリスクを軽減すべく適切な対策を講じるべきだと思われます。



AnyCrossについてのおさらい

 

AnyCrossは、LarkのノーコードAPI連携プラットフォームです。このプラットフォームを使用することで、ユーザーはプログラムの知識がなくても、Larkの様々な機能を他のアプリケーションやサービスと連携することができます。


AnyCrossの利用方法は非常に簡単です。まず、ユーザーはAnyCrossのウェブサイトにアクセスし、Larkアカウントにログインします。次に、連携したいアプリケーションやサービスを選択し、必要な設定を簡単に行い、連携を有効にすると、設定した内容に基づいて、自動的に連携が行われます。



Lark + freee人事労務 勤怠管理の連携によって得られる

具体的な効果

 

LarkとfreeeをAnyCrossを利用して連携することで、以下のような具体的な効果が得られます。

  1. 勤怠管理の効率向上: Larkとfreeeを連携させることで、従業員の勤怠情報をリアルタイムで確認することが可能になります。自動化機能を通して自動プッシュ通知を設定し、管理者は従業員の勤怠が提出される際にその勤怠状況を瞬時に把握することができ、承認や却下など、必要な対応を迅速に行うことができます。これにより、業務の遅滞を最小限に抑えることができ、生産性の向上を図れます。

  2. 労務管理システムの使いやすさ向上: freeeをAnyCrossをを通してLarkと連携すると、freeeのデータをモバイルフレンドリーなLark内でタイムリーかつシームレスに利用することができます。結果として、従業員は一つのプラットフォームで全ての業務を効率的に行うことができ、管理者もシステム間の移行時間を削減できます。複数のシステム間で切り替える手間やコストを削減し、リソースや経営資源を合理的に他の重要な業務に集中させることができます。

  3. 承認の抜け漏れ防止: Larkの自動通知機能やリマインダー機能を使用することで、承認が必要なタスクやドキュメントについて、関連する人々に自動的に通知されます。これにより、承認の抜け漏れを大幅に減少させることが可能になります。効率的なシステムを導入することで、勤怠管理や給与計算の人為的ミスの発生を防止することで、従業員の満足度向上を向上させます。



勤怠管理をよりラクに

 

LarkのAnyCrossとfreee人事労務の連携は、現代の経営課題に革新的な解決策を提供します。この連携を導入することで、企業は複雑な業務フローをシンプルにし、より生産的な日常を構築する手助けとなるでしょう。経営者として、時代の変化と共にシステムも進化させ、最高の労務管理を実現するステップを踏むことが、今後の競争力向上の鍵となることは間違いありません。従業員の働きやすさと経営者の効率化の実現、あなたも始めてみませんか。



閲覧数:0回

最新記事

すべて表示
screenshot-20240111-095026 (1).png
bottom of page