top of page

あなたのCRMをパワーアップ:AnycrossでSalesforceとLarkを連携させる5つの魔法の瞬間

CRMとは?

 

CRMは、企業が顧客とのインタラクション、関係、データを管理するためのシステムです。CRMには3つの主要なタイプがあり、企業はその目標や目的に基づいて1つを選択するか、またはノーコードやローコードのビジネスアプリケーションを使用して内製化を通して作成します。



なぜCRMをさらに使いやすくする必要があるの?

 

採算性が重視される今日、限られた予算の中、CRMは社内の営業部隊にしかライセンスが付与されない場合が多く、営業部署ではデータへのアクセスができるものの、ライセンスの付与されない部署ではそれらのインサイトへのアクセス権限がないため、部署を跨いだ横断的なデータ分析が難しく、情報の分断化が生じてしまいます。そのためCRM単体での使用では、タイムリーなビジネス成長を妨げる課題をもたらすこともあります。具体的には:

  • 同期性の欠如:営業チームは、ノートの追加、リードのステータスを変更、リスクを特定するなど、手動でシステムを確認する必要があるうえ、他チームがタイムリーに同じ情報にアクセスできないため、チャンスへの瞬時な対応が難しいと思われます。

  • 情報の分断:見込み客に関する詳細なノートや進捗状況は、CRMに部分的に保存され、通常の場合ライセンスが付与された特定のものにしかアクセスできません。不完全な情報がところところに散在し、他チームによるサポートが必要な場合、効果的にフォローアップするのが困難です。

  • データの分析が困難:CRMシステム内のダッシュボードは、使用者が限定された上、欲しいデータを呼び出すのに通常な場合複雑な操作が必要になってきます。しかし、プロの支援なしには、セールスフォースなどの専門的システムのを使いこなすのがハードルが高いです。

  • アプリ間の切り替え:他のコラボレーションプラットフォームやCRMシステムなど、さまざまなツール間で操作し、切り替える必要があるため、営業チームにとって余計な工数が発生してしまいます。


連携するおまじないをどう実現するの?

 

あなたのCRMシステムを日々の業務と連携することで、CRMからより大きな価値を引き出すことができます。インターフェースを一つにまとめ、データの遅延をなくすことで、あなたの営業チームはより効率的に業務を遂行できるようになります。以下に、Anycross経由でSalesforceとLarkの連携から得られる「魔法の瞬間」を5つご紹介します:



1.営業成績を即座に理解


Salesforceは営業の詳細を記録するのに優れていますが、そのデータの背後にある洞察を必ずしも必要とされる全員に提供できるわけではありません。データのエクスポート、分析、パターン特定など加工する必要があります。SalesforceをLarkと連携することで、営業活動がどのようにパフォーマンスを発揮しているかを即座に確認することができるようになります。この連携を通して、すべての営業データを自動的にLark Baseの統一されたテーブルに同期され、重要なインサイトがダッシュボードに見える化されます。手作業工数の削減により、関係部署や意思決定者はより迅速なビジネス判断を下すことを可能にします。



2.営業の進行状況を常に把握

従来情報入手に費やしてきた時間を省き、情報があなたを見つけてくるのです。Larkとの連携を通して、Salesforceにタグ付けされた関連ステークホルダーに自動通知を送ることができるため、営業の進捗を簡単に把握することができます。通知は、顧客のステータス変更、問い合わせ、成功報告など、需要に応じてカスタマイズでき、チームは最新の情報を得て、クライアントの変化への迅速な対応が可能になります。


3.ワンクリックで顧客情報を検索


正しい顧客情報を見つけるのにいつも苦労している、といったお悩みがありませんか?Larkとの連携により、各顧客名がクリック可能な項目となり、チャット、ドキュメント、検索で言及されるたびにワンクリックで一元検索可能です。それだけではなく、顧客名に付随したすべての顧客情報も同時に取得でき、何度もSalesforceで検索する必要はなくなります。Larkで顧客名をクリックすると、クライアントエンゲージメントの履歴やフォローアップの記録を詳しく見れるように設定されており、全体像を考慮した営業活動やサービス提供が続けられます。


4.客先訪問時の遅刻撲滅

チームメンバーがクライアント訪問に時間通りに参加することが重要です。SalesforceとLarkの連携により、チームはSalesforceで予約したクライアント訪問のために手動でカレンダーを設定する必要がなくなります。すべての打合せ招待はLarkカレンダーに同期され、時間厳守を確実にします。


5.パスワード忘れを根絶

シングルサインオン(SSO)を利用すると、認証された従業員(営業担当者、営業マネージャー、ビジネスオーナーなど)は、Larkと同じ資格情報を使用してSalesforceに簡単にアクセスすることができます。これにより、CRMシステムにアクセスできないという状況を避けることができます。




最後に

 

日々の業務とCRMシステムを連携することで、CRMのフルポテンシャルを引き出すことができます。営業チームと他の関係部署は、一つのアプリですべてのヒト・モノ・カネを一元管理することで、スムーズに作業とコラボレーションを行うことができます。これにより、収益の洞察をタイムリーに把握し、最新のインサイトに基づいて状況に適した決定を下すことができます。あなたのCRMからもっとパワーを引き出す準備はできていますか?今すぐLarkのチームにお問い合わせください。 実装にあたっては、各社の環境に合わせて、開発が必要です。

閲覧数:1回

最新記事

すべて表示
screenshot-20240111-095026 (1).png
bottom of page