top of page

AnyCrossの活用事例:Lark + freee人事労務連携で勤怠申請


まずは動画をご覧ください




労務管理する際に、こういう悩みはありませんか?

 

多くの日本企業では、労務管理ソリューションを導入していルものの、システム単体で使われることが多いため、様々な課題が生じている現状です。まず、多くのシステムはユーザーフレンドリーでなく、操作性に難があり、従業員は入力するのに多くの労力と時間を割けなくてはならなく、ストレスの原因となりがちです。例えば、現場従業員がスマホで打刻する際の利便性が不十分で、特にフィールドワークなどで外出が多い従業員にとっては、打刻の手間が大幅に増えてしまいます。また、多くの労務管理システムは、他のビジネスツールとの連携が不十分であり、データの一覧化や可視性が低いため、意思決定の遅れやミスの原因に直結してることも指摘されています。さらに、多くのシステムはコストが高く、特に中小企業にとっては経営負担となっています。労務管理システムのライセンス料金は、従業員数に比例して増加するため、会社全体のコストが増大することも多々見受けられます。これらの問題は、組織の生産性を低下させるだけでなく、経営効率まで損なう要因ともなりうるのです。



AnyCrossについてのおさらい

 

AnyCrossは、LarkのノーコードAPI連携プラットフォームです。このプラットフォームを使用することで、ユーザーはプログラムの知識がなくても、Larkの様々な機能を他のアプリケーションやサービスと連携することができます。


AnyCrossの利用方法は非常に簡単です。まず、ユーザーはAnyCrossのウェブサイトにアクセスし、Larkアカウントにログインします。次に、連携したいアプリケーションやサービスを選択し、必要な設定を簡単に行い、連携を有効にすると、設定した内容に基づいて、自動的に連携が行われます。



Lark + freee人事労務 打刻機能の連携によって得られる

具体的な効果

 

LarkとfreeeをAnyCrossを利用して連携することで、以下のような具体的な効果が得られます。

  1. 打刻利便性の向上: Larkとfreeeを連携させることで、パソコン画面を介さずに、手持ちのスマホでLark上から直接打刻できるようになります。従業員は別打刻アプリのダウンロードする必要やパソコンからアクセスしないといけないストレスがなくなり、時間と空間の制約から解放され、簡単かつスムーズに打刻を行えます。従業員がスムーズに業務を行える環境が整い、満足度が向上します。これにより、従業員のモチベーションが高まり、生産性が向上される効果が期待できます。

  2. 既存ツールの価値最大化: Larkとfreeeを連携させることで、両プラットフォームの強みを活かしつつ、機能の重複や不必要なコストを削減します。例えば、Larkの自動化機能を使用し、給与明細への簡単確認などの定期的業務やタスクに対し通知を送ることによって、確認の抜け漏れ防止になりますし、手間のかかる手続きや複雑な操作が省くことにもなるため、全体業務省力化の達成が見込まれます。これにより、既に導入しているツールの機能をさらに使いやすくし、最大限に活用することで、より付加価値の高いサービスの提供に注力できると考えられます。

  3. データの一覧化と可視性の向上: Larkとfreeeのデータが連携されることで、両サービスのデータを一元管理できるようになります。例えば、freee管理画面上で固定化された従業員一覧をBase機能を通してカスタマイズし、必要な情報の抽出、整理、そしてグラフ化することが可能なため、従業員データへのさらなる活用が期待できます。これにより、管理者は一元化されたダッシュボードから全ての情報を確認でき意思決定プロセスが効率化されます。



最後に

 

Larkとfreee人事労務をAnyCrossを介して連携させることで、従業員のツールを使用する際の利便性向上、会社全体のコスト削減、データ管理の効率化といった多くのメリットが得られます。この連携を活用し、労務管理の効率化を図りましょう。


閲覧数:0回

最新記事

すべて表示
screenshot-20240111-095026 (1).png
bottom of page