top of page

Anycrossの活用事例:カレンダー + Baseでシフトを一括管理しよう


まずは動画をご覧ください





こんなシフト管理をしていませんか?

 

今日、企業のシフト管理に多くの課題が存在しています。日本企業におけるシフト管理の現状は、主に紙やエクセルを使用して行われています。そのため、シフトの変更やエラーの修正が必要とされる際に、管理者は従業員のカレンダーを1つずつ確認し、シフトを手動で割り当てる・修正するため、多くの時間と労力が発生してしまいます。特に、パートタイム従業員がいる場合や、シフトが頻繁に変わる業種では、この問題がとりわけ顕著です。

また、手作業でのシフト管理は、人為的ミスが発生しやすく、その修正に多くの時間と労力がかかるため、経営効率の低下を招く恐れも出てきてしまいます。また、シフトのミスが起きると、現場レベルの業務に支障をきたすだけでなく、従業員の満足度も低下する可能性があります。実際、現場の士気低下が接客の質に直接影響を及ぼす事例も見受けられます。



Anycrossについてのおさらい

 

Anycrossは、LarkのノーコードAPI連携プラットフォームです。このプラットフォームを使用することで、ユーザーはプログラミングの知識がなくても、Larkの様々な機能を他のアプリケーションやサービスと連携することができます。


Anycrossの利用方法は非常に簡単です。まず、ユーザーはAnycrossのウェブサイトにアクセスし、Larkアカウントにログインします。次に、連携したいアプリケーションやサービスを選択し、必要な設定を簡単に行い、連携を有効にすると、設定した内容に基づいて、自動的に連携が行われます。



Larkカレンダー+ Base連携によって得られる具体的な効果

 

Larkのカレンダー機能とBase機能をAnycrossを利用して連携することで、以下のような具体的な効果が得られます。

  1. 労力の削減: シフト管理のために、従業員ごとのスケジュールを手動で調整する必要がなくなります。Baseに入力された情報は自動的に従業員の個人スケジュールに変換され、チーム全体のカレンダーにも自動的に反映されます。これにより、管理者の手間が大幅に軽減され、全体の作業負担が減少します。また、従業員の勤務時間とシフトが一目で分かるため、管理業務がスムーズに行えます。

  2. 柔軟性の向上: 従業員の予定が変更された場合でも、Base上の項目を更新するだけで、カレンダー上のスケジュールも自動的に更新されます。これにより、複雑なシフト再調整のやり取りをする必要がなく、シフト管理の柔軟性が向上します。急な変更にも迅速に対応できます。

  3. 人的ミスの減少: シフトの割り当てや調整を自動化することで、管理者の手動調整による人的ミスの発生が減少します。これにより、従業員が正しいシフトで働くことが確保され、全体の業務効率が担保されます。


このように、Anycrossを活用することで、シフト管理の効率化が図れるだけでなく、管理者の負担が軽減され、ミスの発生する確率が軽減されます。これにより、組織全体の生産性が向上し、従業員の満足度も高まると思われます。



シフト管理をよりスマートに

 

企業において、効率的なシフト管理は非常に重要です。しかし、現状のシフト管理方法では、多くの時間と労力が必要で、ミスの可能性も高く、ビジネスに様々な支障をきたす可能性があります。LarkのカレンダーとBaseをAnycrossで連携することで、これらの課題を解決し、シフト管理の効率化を図ることができます。あなたも早速、Anycrossを活用し、Larkの各機能を最大限に活かすことで、生産性の向上を目指してみませんか。



閲覧数:1回

最新記事

すべて表示
screenshot-20240111-095026 (1).png
bottom of page