top of page

【ユースケース】海の生き物たちの未来を支える!Larkで進化する水族館DX

水族館業界は、可愛らしい海の生き物たちの展示だけでなく、様々な業務が組み合わさった複雑な運営が求められます。しかし、人手不足や多くの紙ファイル、手入力作業などの課題が存在し、効率的な管理が難しくなっています。そこで、「Lark」が、水族館業界のDX(デジタルトランスフォーメーション)を支援し、海獣たちの未来をより良いものにするユースケースをご紹介します。



水族館運営の課題

 

水族館の運営には、生き物たちの健康管理や機器管理、環境維持など、多岐にわたる情報の管理が求められます。水族館で飼育されている生き物の種類は多く、水族館の展示コンセプトによりますが、海洋生物や淡水魚、爬虫類、両生類、哺乳類などが含まれるようです。しかしながら、多くの場合、個々の生き物の食事摂取量や体重増加データ、薬の管理、水温や水質の記録などの膨大な日々の記録は、紙ベースの手作業で処理されています。しかも、手書きのデータは管理や可視化が難しく、個体ごとに複数の書類があるため、データ分析にも多くの時間を費やすこととなります。さらに、多くのチェック項目が存在し、それらを適切にこなすことが難しいという課題も浮上しています。紙運用には、転記ミスや登録忘れ、集計漏れといった問題も懸念の1つに挙げられます。さらに、水族館という特殊な環境下においては、水に濡れることによる破損や欠損のリスクも考えなければなりません。生き物たちのデータは、それぞれ種類ごとに項目や頻度などが異なりますし、個体別の管理も必要なため、これら貴重な情報が失われてしまうリスクを考えると、デジタル化にも慎重になってしまうのも事実でしょう。



Larkがもたらす変革の可能性

 

水族館の抱える課題を、モバイル端末と業務アプリを活用することで革命的に解決できる可能性があります。Lark Baseは、紙による生き物の健康管理や環境監視を、デジタル化とリアルタイム共有という形で提供します。それにより、スタッフの業務は一気に効率的になります。食事記録から水温管理まで、蓄積された情報へスタッフ誰もが容易にアクセス可能になり、正確なデータ分析に基づいた改善策の実行も可能になります。モバイル端末を通じた簡便な操作により、ペーパーレス化の成功だけでなく、水族館の運営が効率的かつ透明性のあるものに変わります。



1. 海獣のカルテ管理

 

生き物の管理は、単に分類された種類ごとにすればいいというものではなく、個体ごとに必要です。いわゆるカルテのようなものを作成することで、個体ごとの記録や管理が可能となります。また、それらのデータを統合することで、生き物の種類ごとの傾向なども分かるようになります。



食事管理:「いつ」「何を」「どのくらい」食べたかという食事の記録や適切な量の観察が効率的に行えます。個体差による違いなども記録しておくことで、体調の変化にも気づきやすくなります。


体調管理:体温や体調の変化なども記録し、健康状態を監視できます。生き物たちの健康状態を一元管理し、異常な変化を素早く察知できます。また、薬の投与スケジュールや病状の記録もデジタル化され、専門スタッフへの回覧・伝達もスムーズに行えます。


実績管理:生き物の管理は非常に繊細です。データだけでは防げないものもたくさんありますが、体調に変化が生じたときに過去のデータをもとに状態、状況を予測し、飼育員や獣医の経験と掛け合わせることで迅速かつ適切な処置が可能となります。


異常値の検知:アラート機能を活用することで、近くにいないスタッフも含めてリアルタイムに情報を周知できるので、万が一の際の対応がスムーズになります。



2. 環境管理

 

水族館の施設管理は、生き物たちの生存にとって極めて重要です。貴重で高価な生き物もいるため、施錠忘れなどの人的なミスによる盗難のリスクは防がなければなりません。また、非常に繊細なので、ちょっとした環境変化に適応できず、体調を崩してしまうこともあります。

  • 水槽温度の記録や水質のチェック:Larkを使用することで、水温や水質データを小数点以下のレベルで正確に管理し、適切な環境を維持できます。

  • 施錠管理:生き物の中には非常に貴重で高価なものもいます。万が一に備えるため、「誰が」「いつ」「確実に施錠したかどうか」などLarkでチェックリストを作成し、チャットグループで完了通知をすることでタスクの確実性と安心感が担保されます。「誰かが対応しているはず」といった不確実性の高い情報に惑わされたり、不安に駆られて確認しに戻るといったこともなくなります。


3. 在庫管理

 

動物園や水族館では、必要な資材調達や餌の在庫管理が欠かせません。Larkを活用して在庫の管理を行い、必要な時にアラートを受け取ることで、物資不足や無駄な発注を防げます。



4. データ分析と改善

日々の情報を管理することも重要ですが、分析も重要です。紙の状態では、1つにまとめることも容易ではありませんが、Larkに蓄積されるデータを活用して、生き物たちの食事量や体温推移などをダッシュボード機能を使って分析しましょう。個体ごとに、日々の情報を可視化することで傾向も分かるようになります。また、グラフなどを利用することで、視覚的にも分かりやすくなります。ダッシュボードは、事前に設定しておけば、リアルタイムに更新されるので、常に最新の情報を確認できます。また、過去の傾向やパターンの分析も必要です。これにより、健康管理や環境調整の改善点を見つけ出し、業務を効率化するための新たなアプローチを見つけることができます。



5. スタッフの効率的な管理

 

職員の作業時間や業務内容を記録する日報作成/管理、評価管理なども、Larkを活用することでスムーズに行えます。スケジュールの調整やタスクの割り当てをシームレスに行い、スタッフの働きやすい環境を整えることができます。業務の進捗状況もリアルタイムで共有することで、チーム全体でのコラボレーションが向上します。そのうえ、生き物の管理がデジタル化によって効率的になれば、紙資料の集計や管理から解放されるだけでなく、残業時間も大きく改善し、もっと生き物に接することに時間が割けるようになるでしょう。




未来への一歩を踏み出そう

 

水族館業界がDXの波に乗ることで、海の生き物たちの未来が大きく変わる可能性があります。Larkの利用によって、データの一元管理や可視化、効率的な業務運営が実現でき、業界全体の発展が期待されます。今こそ、デジタルツールを活用して水族館業界の未来に新たな一歩を踏み出す時です。海獣たちの健康と幸福を支えるために、Larkの可能性を探求しましょう!



Larkは、あらゆる業界で活躍!

 

Larkの機能や特性は、水族館だけでなく、さまざまな業界で業務改善やデジタル化を推進する際に活用できます。

  • 【動物園】 水族館と同様の健康管理や環境監視の課題は動物園にも存在します。動物の食事量や健康状態の記録、繁殖のデータ管理などもLarkを活用して効率化できます。

  • 【農業】 作物の成長記録や気象データ、農薬の使用記録などが重要です。Larkを用いることで、これらのデータをデジタルで管理し、農作業の計画や効果的な管理を支援できます。

  • 【医療・介護】 患者の健康状態や医療データの管理、スタッフのシフト管理、薬剤の投与記録など、Larkを活用してデジタル化されることで、医療の効率向上や精度の向上が期待できます。

  • 【製造業】 生産ラインの作業進捗や品質管理、材料の在庫管理、従業員の業務時間管理などがLarkで効率化されることで、製造プロセスの最適化とコラボレーションの向上が可能です。

  • 【小売業】 商品の在庫管理や販売データの記録、従業員のスケジュール管理、顧客の問い合わせ対応などがLarkを活用してスムーズに行えるようになります。

  • 【飲食業】 スタッフのシフト管理、食材の在庫管理、店舗管理などをデジタル化することで、顧客体験(CX: Customer Experience)、従業員体験(EX: Employee Experence)が向上します。また、メニューのリニューアルや売り上げ分析などもLarkの機能を活用して行えます。

  • 【教育業界】 学生の進捗管理や課題提出の記録、教員間のコミュニケーション、オンライン授業の実施などにおいてもLarkは役立つ可能性があります。 Larkはあらゆる業界で業務の効率化、データの管理・分析、コラボレーションの促進などに役立つツールとして展開が可能です。水族館のユースケースが示すように、様々な業界でのDXや業務改善において、Larkは新たな可能性を広げてくれるでしょう。




閲覧数:0回

最新記事

すべて表示
screenshot-20240111-095026 (1).png
bottom of page