top of page

Lark チャットで業務をさらに効率化

会社では、頻繁にコミュニケーションを取り、共同作業を行っていると思います。プロジェクトを進行させ、効率的に目標を達成するには、迅速で効果的な連携が不可欠です。しかし、通常、職場でのコミュニケーションには、十分な背景情報が必要です。背景を明確に提示できない場合には、効率が低下します。


Larkチャットでは、適切な相手に対し、効率的に必要な情報を送信することで、この問題を解決します。使い勝手の良い方法でコミュニケーションがとれ、共同作業を実施できます。


コミュニケーションの新しい方法

 

Larkは、コミュニケーション、共有カレンダー、オンラインドキュメントを統合する、次世代のオフィス用コラボレーションツールです。これら3つの機能は連携しているため、リアルタイムで共同作業が実施でき、その基盤となるのがLarkチャットです。


Larkでアカウントを設定すると、管理者はメンバーをLarkに招待して、明確な組織構造を確立できます。メンバーの役職や部署などの情報を確認できるため、連絡する必要がある相手を簡単に見つけることができます。


職場におけるコミュニケーションでは、結果と目標に焦点をあてる必要があります。すべてのコミュニケーションは、特定の結果につなげる必要があるのです。


このような考えのもと、Larkチャットは単なるメッセージ機能を超えるものになるように開発されました。チャットは共有カレンダーやオンラインドキュメントと密に連携されており、多様な形態でチームとコミュニケーションを取り、共同作業を行うことができます。また、外部のユーザーをLarkの連絡先として追加し、同じプラットフォームで共同作業を行うこともできます。



Larkですべてのメッセージを確認

 

会話やグループチャットの他、会議の招待状や今後の会議のリマインダー、ドキュメントへのコメント、カレンダーの更新情報などもチャット画面で受け取れます。チャット画面から直接ドキュメントを開き、リアルタイムで編集してコメントを投稿できます。


ボットのメッセージもチャット画面に表示されるため、作業効率を向上させることができます。さらに、サードパーティのアプリケーションを連携することで、アプリケーションのメッセージもLarkプラットフォームで表示できます。これにより、すべてのメッセージを一か所で確認できます。



革新的なデザインでさらに効率アップ

 

コミュニケーションをさらに効率的かつ便利にするため、Larkでは横表示のデザインを採用しています。優先度の高いメッセージに関しては、小さいスペースでより多くのメッセージを表示でき、また完了処理されないメッセージは表示したままにできます。すべてのメッセージは左側に一覧表示されるため、一目で把握できます。


グループチャットでのノイズを抑え、スムーズに会話を続けるために、Larkチャットでは絵文字で返信できます。リッチテキストを使用して、画像を一緒に送ることもできます。


Larkでタスクをスムーズに実行例えば、主力商品の発売を担当しているとしましょう。まず、「新商品の発売」という名前のチャットグループを作成し、プロジェクトチームのすべてのメンバーを招待します。すべてのメンバーに最新情報伝え、潜在的なリスクを分析するために、特定の問題に焦点をあてたチャットスレッドを作成できます。これにより、問題を迅速に特定して解決し、慢性的な問題を見落とさないように徹底できます。


投票機能を使用すると、様々な案件について意見を収集し、同意を得ることができます。


リッチテキストを活用できるため、画像などを含め、重要な情報を伝える包括的なメッセージを作成できます。Larkでは他にもさまざまな機能が利用できます。




閲覧数:0回

最新記事

すべて表示
screenshot-20240111-095026 (1).png
bottom of page