top of page

企業におけるDX化:進化するビジネス環境に対応するための重要性とLarkの役割

DX化とは?












今日、日本のみならず、各国政府が積極的に推進しようとするDX化とは、一言でまとめてしまうと「企業におけるデジタルトランスフォーメーション」のことで、具体的には、デジタル技術を活用し、ビジネスプロセスや組織を変革させ、企業全体的な競争力を強化する取り組みとのことです。DX化には、業務の効率化、顧客体験の向上、新たなビジネスモデルの創造など、より付加価値の高いバリューの提供が期待されており、デジタル技術の進化により、例えば、自動化やデータ分析、AI活用など効率性とイノベーションをさらに促進できるような仕組みが注目を集めています。企業のDX化は、競合他社に対する優位性を獲得し、持続的な成長を実現するカギともなっています。



DX化とIT化の違い

 

冒頭で説明しましたDX化の定義ですが、ただただIT技術を社内に導入するとのことなのではと疑問を払拭できない方もいるのではないでしょうか。結論から言いますと、DX化は単にIT化するだけではなく、IT化は技術の導入に主眼を置く一方、DXはビジネス全体の変革を目指しているところが主な差別化要因です。


まず、IT化は情報技術を導入して業務を効率化することに焦点を当てています。企業がITシステムを導入することで、業務プロセスの自動化やデータの管理・分析が可能になります。一方、DX化はIT化に留まらず、ビジネス全体の変革を追求します。DX化では、デジタル技術を活用して新たな価値の創造や顧客体験の向上を実現すること自体が目的です。具体的な例を挙げて説明すると、DX化ではIT技術を活用しながらも、組織文化の変革やビジネスプロセスの再設計など、より広範な改革が行われます。デジタル技術の導入だけでなく、組織内のコミュニケーションや意思決定の改善、顧客とのエンゲージメントの強化なども重要な要素となります。IT化は主に業務の効率化や生産性向上を目指し、既存のプロセスをデジタル化することが中心になる一方、DX化は組織全体の変革を追求し、ビジネスモデルの革新や新たな市場の開拓を目指しているため、技術の活用と組織文化の変革が密接に結びついており、ビジネスプロセスや顧客体験の改善、新たな価値の創造の追求そのものが真の価値の所在とも言えるのでしょう。



DXの導入を実践するメリットは?

 

では、DXを実践することによって、企業にとってどのようなメリットや利点があるのでしょうか。それは、競争力の強化、顧客体験の向上と新たなビジネスモデルの創造という三つのところにあります。


まず、競争力の強化ですが、DXを進めることで、IT技術を導入し、今まで最適化されて来なかったビジネスプロセス等々の効率化や自動化が可能となり、生産性の向上やコストの削減が実現され、採算性を高めることで競合他社との差別化を図る効果が見込まれます。また、前述の努力を通して、社内の3M(ムリ、ムダ、ムラ)を取り除くことで、リソースを効率的にサービスにアロケートし、顧客との接点を強化できます。カスタマイズやパーソナライズされた、より顧客ニーズを起点としたサービスの設計・提供することで顧客満足度を向上させることも実現できるようになります。


また、上記に付随し、顧客体験の向上にもベネフィットできると考えられます。DXを導入することで、顧客に対してよりスムーズで一貫性のある購買体験を提供できるようになります。例えば、店側は、従来のオフラインチャネルでは記録・計測しづらい顧客の嗜好や購買履歴の把握をデジタル技術を通して、オンライン上でのよりシームレスかつカスタマイズされた購買体験やカスタマーサポートの提供などが可能になるのはもちろん、顧客側にとっても、デジタル化の媒体の使いやすさや利便性の向上でよりスムーズな購買エクスペリエンスを体験することで、リピート率が高くなり、既存顧客粘着度の改善、さらにロイヤルティ向上や口コミによる新規顧客の獲得にも大いに繋がります。


最後に、DXを通じて新たなビジネスモデルの創造が可能となります。デジタル技術の進化によって、従来のビジネスモデルにとらわれず、新たな価値提案や収益源を見つけることができます。例えば、データを活用したサービスの提供やプラットフォームビジネスの展開など、今までになかった、もしくは実現しづらかった構想を色々と可能にしてくれます。DXを導入することで、市場のニーズやトレンドをタイムリーに捉え、ビジネスに迅速に変化に対応できる柔軟性を付与し、イノベーションを促進する源にもなります。



DX提供の在り方について













本日ご紹介してまいりましたDX化なのですが、正直に言いますと、実現はそう簡単ではありません。事前の現場の課題の抽出やそれに沿った最適なソリューションの選定から、実際の導入中に立ちはだかるシステム連携といった技術面の課題や、導入後の使用方法のトレーニングやその後継続的な運用アドバイスなど、一気通貫でないとDX化の推進は上手くいかなく、中途半端に終わってしまうケースが今でも散見されています。Larkでは、現場主義に徹したDXコンサルティングサービスを提供しており、課題発見を起点としたDXの伴走をお客様と一緒に実現しています。業業務効率化・個人の進化の各課題に対し、DXコンサルティングで業務改革・組織改革を実行、導入支援および内製化の支援をし、 個々の状況にあわせて最適なテクノロジーの提案をしています。あなたもぜひ、カスタマイズされた、スマートなDXをトライしてみませんか?

閲覧数:1回

最新記事

すべて表示
screenshot-20240111-095026 (1).png
bottom of page