top of page

【効率的な時間管理】Larkカレンダーの利点


Lark カレンダーは、さまざまな方法で予定を一括管理できるツールです。日々のスケジュールを見える化にすることで、仕事の利便性を向上させます。

⒈予定の作成


予定を作成して参加者を招待するタイトル、日時、場所、参加者などの情報を入力できます。予定の編集画面で、メンバーまたはグループ名を検索して選択し、招待ができます。

会議室の管理Lark 管理コンソールにて会議室リソースを管理できます。メンバーは予定作成時にすばやく空き会議室を検索・予約できます。予約について交渉する必要がある場合、会議室の予約者を表示し、ワンクリックでチャットを始めることもできます。

⒉カレンダーのカスタマイズ


勤務時間の設定個人の勤務時間を設定する事によって、他のメンバーが勤務時間外に予定の招待を送信すると、「選択した時間帯は参加者の勤務時間外のため、相手は参加できない可能性があります」との通知が表示されます。それによって効率よく打ち合わせなどの計画をたてることができます。

タイムゾーンの設定海外出張や海外のチームとコラボレーションする際はタイムゾーンを設定する事によって様々な現地時間が表示されます。時差に合わせた予定を計画することが可能です。

⒊様々なカレンダー


・全員カレンダー全員カレンダーの内容は全てのメンバーに共有されます。休暇情報、研修情報などの予定を共有するのにおすすめです。

公開カレンダー全てのメンバーがフォローする事によって閲覧できるカレンダーです。作成者は、仕事の進歩状況などの登録に活用できます。

・会議室カレンダー会議室の予約状況が表示される便利な機能。会議の主催者がカレンダーを事前に確認し、状況に応じて会議室を選択して予約することができます。

⒋サードパーティーカレンダーの同期

Larkカレンダーを他カレンダーと同期することが可能。この機能を使う事によってアプリの切り替えの手間を省くことができます。






必ずマスターしたいテクニック

 

1 新しい会議室表示 - 会議室の予約や検索がより一層便利に 2 チャット内でスケジュールを確認し、予定招待を送信 - 日程調整の手間が省き、効率よく会議を開催する 3 会議室を検索・予約 - 会議室をスマートに検索し、手軽に予約する 4 公開カレンダーを作成 - プロジェクトの進捗とマイルストーンを全員に共有する 5 カレンダーをフォロー - 気になるスケジュールをまとめて確認 6 タイムゾーンを設定 - 国境を越えたコラボレーションを実現 7 サードパーティーカレンダーと同期 - 他のカレンダーと関連付け及び同期することで、アプリを切り替える手間が省けるほか、大事な予定の見落としも回避可能


ここまでLarkカレンダーの便利な機能をざっと説明しましたが、特にもLarkが推奨している上記のテクニックをマスターできれば、仕事の効率が大幅に上がりそうです。カレンダー機能をうまく使って、お互いのスケジュールを把握することで円滑なコミュニケーションを図ることができます。






閲覧数:0回

最新記事

すべて表示
screenshot-20240111-095026 (1).png
bottom of page