top of page

テレワークのプロになるLark活用法top5

ワークスタイルのあり方は変化しています。

今ではオフィス内だけでなく、いつでもどこでも柔軟に働ける新しい働き方を採用する企業が増えています。


Larkの使命は、従業員がそれぞれのライフスタイルに合わせた柔軟な働き方をサポートすることです。そうすることで、仕事やプライベートに関わらず、いま最も重要なものを優先させることができます。


リモートワークのプロになるための5つの方法をご紹介します。



ビデオチャットを、メンバー全員が自由に意見を出し合う本格的な会議に

 

もう「もしもし、聞こえますか?」や「共有画面が見えてますか?」などと確認する必要はありません!Larkの次世代ボイスチャット機能を活用してその場でドキュメント編集や、投票、資料作成などができ、効率性や生産性の高いビデオ会議が実現します。


Larkアプリから直接、モバイルまたはデスクトップで最大50人が参加できるため、外出先でもダイヤルインできます。




共有カレンダーでクリエイティブな共同作業を実現

 

複数のメンバーの予定を調整するだけでなく、スケジュールの概要や日時の詳細をチームや外部パートナーに直接通知することができます。


もうスケジュールを一つ一つ常に共有する必要はありません。共有カレンダーが作成されると、招待された全員が共同で作業したり、それぞれの予定に応じて日付を簡単に変更できます。



複数のメンバーでシームレスに共同作業。ドキュメントの可能性は無限大!

 

たったひとつの提案の進捗状況を確認するためだけに通勤する必要はもうありません。


Larkを使えば、どこでもオフィスに早変わり。複数のメンバーでの共同作業を支援する「Larkドキュメント」で、表、画像、チェックリスト、ビデオなどを組み合わせて、大事な情報がギュッとつまったドキュメントを作成できます。




メンバー同士の会話をさらにスムーズに

 

Larkアプリの中心になるのは、そのチャット機能です。


通常のチャットのエクスペリエンスをはるかに超えるように設計された「Larkチャット」は、Lark全体の共同作業ツールで利用でき、作業の生産性・効率性を高めます。


海外出張中にチームに緊急の質問をしたい……グループチャットで必要なメンバーを集めて、ドキュメント、写真、ビデオ、または音声クリップを共有し、チームで協力しながら作業を完了します。




最も重要なことを優先する

 

身近で大切な人に何かあったとき、そばにいてあげたい。仕事はそれを妨げる存在であってはいけません。インターネット技術によってすぐに人とつながれる現代社会では、公私の大事なバランスをついつい失いがちです。世界中に従業員を持つグローバル企業は、時につながりを絶つ大切さも十分に理解しています。


Larkには、今最も大切なことに集中するために、自分にとって重要性の低い連絡をシャットアウトする機能も備わっています。サイレントモードから、ワンクリックで通知をミュートする機能、機械学習システムがあり、重要ではないチャットを追跡・分別し通知をオフにすることができます。


在宅勤務とは、楽して働くということではなく、「スマートに働く」ということなのです。


閲覧数:0回

最新記事

すべて表示
screenshot-20240111-095026 (1).png
bottom of page