top of page

「これでわかる」Lark Web会議の使い方


Web会議は、グローバルなビジネス環境で遠隔コラボレーションを可能にし、リアルタイムなコミュニケーションを提供します。コロナ禍を経て、Web会議は定着化し企業は従業員に柔軟な働き方を提供できるようになりました。Web会議は、遠隔地のメンバーとの円滑な協力が実現し、プロジェクトや業務の進捗を効果的に管理できます。またWeb会議は記録可能で、後で再確認やアーカイブができるため、重要な情報がきちんと保持できるようになります。LarkのWeb会議は現代のビジネスニーズに合わせて設計されています。今日はLarkのWeb会議について説明します。



使いやすいインターフェイス

 

Larkは直感的なデザインで知られており、ビデオ会議も例外ではありません。シンプルで使いやすいUIは、初めてのユーザーでも迷うことなくスムーズな操作が可能です。また、スマホからもアクセスしやすく簡単に使えるので、場所を選ばず外出先からも会議に参加できます。



自動文字起こし

 

LarkのWeb 会議は、Lark Minutesという、会議内容を自動的にレコーディング(録画・録音)し、文字起こしできる効率的なツールと連携しています。会議、件数、商談、授業などのシナリオにおいて、Lark Minutes をしようして、音声とビデオを自動文字起こしできます。自動文字起こししたテキストは、ハイライトをしたり、翻訳が可能になります。Minutesは「分」という意味を持つだけでなく、「議事録」という意味もあります。Lark Minutesなら、 人工知能 によって自動的に文字起こしすることができます。議事録の内容を、後から確認したり、共有したりすることも可能です。そしてその議事録の内容を違う言語に翻訳することも簡単です。例えば英語であった会議を日本語にすることもできます。苦手な英語での会議に1時間参加するよりも、Larkに文字起こししてもらい、更に翻訳までして貰えば、とても簡単に会議の内容を理解することができます。







マジックシェア機能

 

より働き方をコラボレーティブにするには、Lark Web会議のマジックシェア機能が便利です。各人のペースで閲覧可能マジックシェアを使用すると、会議画面上に共有された資料を参加者が自分のペースで自由に閲覧できます。これにより、会議中の誰もが資料に十分に焦点を当て、理解できます。リアルタイム共同編集マジックシェアを使用すると、複数の参加者が同時に資料を編集できます。また、会議の画面上から直接編集もできるので、わざわざブラウザに切り替える必要もなく、進行内容に合わせて情報をアップデートができるので効率的です。



リアルタイム自動翻訳

 

LarkのWeb会議は、リアルタイム翻訳に対応しています。日本語・英語・中国語の発言内容を自動的に認識し、リアルタイムで字幕を表示します。日本語、英語、中国語の発言内容を 18 ヵ国語に翻訳可能で、字幕で表示できます。LarkのWeb会議機能は自動文字起こしやリアルタイム自動翻訳機能など、現代のビジネスニーズに合わせて便利な機能を兼ね備えています。皆さんもぜひLarkのビデオ会議を使ってみてくださいね。




閲覧数:1回

最新記事

すべて表示
screenshot-20240111-095026 (1).png
bottom of page