top of page

カレンダーの使い方- カレンダーの基本操作| Lark



Lark代理店のカスタマークラウドです。

今回はLarkが公開している動画をご紹介させていただきます。

 

ラークへようこそ!今回の記事では、ラークのカレンダー機能を活用して、予定を効率よく管理する方法をご紹介します。ラークのカレンダーを使えば、会議やイベントを素早く作成し、参加者を招待することができます。

1. 予定の作成

 

カレンダー画面で「予定を作成」をクリックするか、特定の時間帯を選択することで、予定を迅速に作成できます。会議のタイトルと時間帯を入力し、参加者を追加します。メンバーまたはグループを検索して選択できます。グループを選択する場合、ワンクリックでグループ内の全メンバーを予定に招待できます。会議情報を入力した後、予定をカレンダーに保存し、参加者に招待を送信できます。招待された参加者は承諾または辞退の返信をすることができ、その返信は予定カードの詳細に表示されます。

2. 通知と公開範囲の設定

 

予定の通知設定もカスタマイズできます。例えば、非全日予定のデフォルト通知時間として5分前を選択することができ、必要に応じて1時間前などに変更することも可能です。さらに、カレンダーの公開範囲も設定できます。カレンダー画面の左側で自分のカレンダーの設定アイコンをクリックし、公開範囲として「非公開」「予定のみ表示」「公開」から選択できます。予定を作成する際にも公開範囲を設定できます。

3. 高度な機能の活用

 

ラークのカレンダーでは、予定を作成して参加者を招待するだけでなく、さまざまな高度な機能を使用して会議を効率的に管理できます。ぜひラークのカレンダー機能を使って、スムーズなスケジュール管理を実現しましょう。





ラークモバイル版でも利用できるカレンダー機能を活用して、個人のスケジュールを効率よく管理し、イベント情報を共有し、会議を効率的に計画する方法をご紹介します。

1. イベントの作成

 

カレンダー画面で「プラス記号」をタップしてイベントを作成します。作成画面では、イベントのタイトル、日時、会議室の予約、参加者の追加などを設定できます。メンバーやグループを検索して選択することで、イベントに直接招待することができます。相手の空いている時間を確認して、1タップでイベントを作成し、送信できます。招待された相手は迅速に招待を承認、拒否、または保留にすることができます。同時に、イベント情報は自動的にカレンダーに同期されます。

2. 高度な操作

 

イベントの詳細画面では、会議のグループの作成や参加、アジェンダの作成や確認、ビデオ会議の開始や参加など、さまざまな操作が1タップで行えます。イベント情報を公開したくない場合、非公開に切り替えるオプションも用意されています。

3. カレンダーの共有

 

プロジェクトのスケジュールを全てのチームメンバーや会議室の空き状況を確認するために、公開カレンダーの利用をお勧めします。これにより、進捗と情報の共有が簡単に実現できます。また、チャットやドックス、ビデオ会議などの機能とのシームレスな統合により、チームのスケジュール管理が柔軟かつ効率的に行えます。



以上が、ラークモバイル版のカレンダー機能の基本的な使い方についての紹介です。何か質問やご意見があれば、お気軽にお知らせください。


閲覧数:6回

最新記事

すべて表示
screenshot-20240111-095026 (1).png
bottom of page