top of page

ホリエモンさんにレビューしていただきました| Lark



Lark代理店のカスタマークラウドです。

今回はLarkが公開している動画をご紹介させていただきます。

 

ホリエモンチャンネルの最新動画では、特別ゲストとしてLarkの櫻井代表とバーガーキングの野村代表が登場し、興味深い対談が繰り広げられました。この記事では、そのトークのハイライトをご紹介します。

Larkとは?

 

まず、Larkについて簡単に紹介しましょう。Larkは、ビジネス向けのオールインワンのコラボレーションツールで、チャット、メール、カレンダー、ビデオ会議、バックオフィス機能など、企業活動に必要なツールが統合されています。これにより、ビジネス現場の生産性を飛躍的に向上させることができ、現在全国で1万5000社以上の企業に導入されているとのことです。



バーガーキングの事例

 

また、動画ではバーガーキングの事例も紹介されました。バーガーキングは、Larkを2020年から導入し、その効果を実感しています。特に、ビジネススピードの向上と、ノーコードのアプローチが評価されています。ノーコードとは、ITリテラシーが低いユーザーでも簡単にカスタマイズできるソリューションを指します。これにより、企業は自身の課題に合わせてラークをカスタマイズし、ビジネスプロセスを効率化できるのです。



スマホに特化した使いやすさ

 

Larkの魅力の一つは、スマートフォンに特化した使いやすさです。ホリエモンは、パソコンをあまり使わない傾向にあり、スマートフォンからLarkを利用することで、業務の効率化と生産性の向上を実感しています。また、スマートフォンからでもセキュリティが確保されており、情報漏洩の心配が少ないという点も評価されています。



今後の展望

 

動画の中で、Larkがますますスマートフォンに特化し、ノーコードソリューションを強化していく計画であることが明かされました。さらに、Larkはセキュリティにも力を入れており、企業が安心して利用できる環境を提供しています。今後もLarkはさまざまな企業にとって魅力的なツールとして成長し続けることでしょう。



まとめ

 

ホリエモンチャンネルの最新動画では、Larkとその魅力について詳しく紹介されました。ビジネスの効率化とスマートフォンへの対応に優れたLarkは、今後ますます多くの企業に利用されることでしょう。企業の生産性向上を目指すなら、Larkの導入を検討してみる価値があります。


閲覧数:0回

最新記事

すべて表示
screenshot-20240111-095026 (1).png
bottom of page