top of page

お客様の笑顔を作る:飲食店舗運営に必要な業務をLarkで | Lark



Lark代理店のカスタマークラウドです。

今回はLarkが公開している動画をご紹介させていただきます。

 

飲食業界は、長らく勘に頼った業界として知られてきました。しかし、現在のテクノロジーの進化により、飲食業界も変革の時を迎えています。今回は、Lark(ラーク)が飲食業界にもたらす変革について、実際の事例を交えながら紹介します。



Larkがもたらす飲食業界への変革

 

飲食業界では、従来、優秀な人材が業態を成功させるために不可欠であると考えられてきました。しかし、Larkのようなツールを活用することで、業態を長期間にわたって運用し続け、効率化を図ることが可能になります。実際の事例を通じて、その変革をご紹介しましょう。

アンケートデータの活用

 

Larkを導入したある飲食店では、お客様に送られたアンケートの回答をLark内で全てグラフ化しました。これにより、接客の課題や改善点が自動的に可視化され、店舗スタッフ全員に情報が共有されます。店長が口頭で指示しなくても、改善が必要な点が明確になり、お客様へのサービス向上に寄与しています。

レジ締めの効率化

 

飲食店の終業作業は多岐にわたり、特にレジ締め作業は時間がかかる作業の一つでした。しかし、LarkとPOSレジを連携させることで、この作業を効率化しました。これにより、店舗スタッフの負担が軽減され、時間の節約につながりました。特に、多店舗運営の場合、効果が顕著であり、会社全体の生産性向上に寄与しています。

防犯カメラとの連携

 

防犯カメラを導入することで、店舗スタッフの安全を確保することが可能です。LarkとのAPI連携により、防犯カメラのログインを不要にし、セキュリティ対策を簡略化しました。これにより、スタッフはより安心して働くことができ、店舗の安全性が向上しています。

トイレチェックのデジタル化

 

HACCP(食品安全管理システム)に関連して、トイレの清掃記録を約一年間保持する必要がありました。従来は紙での記録が行われていましたが、Larkのミニアプリを活用して、トイレチェックのデジタル化を実現しました。これにより、スタッフがトイレの状態を写真で報告し、清潔なトイレ環境を維持することが容易になりました。

まとめ

 

Larkは、飲食業界において効率化と情報共有を実現する強力なツールです。顧客満足度の向上、スタッフの満足度の向上、労務の短縮など、さまざまな面で飲食業界に変革をもたらしています。今後もLarkを活用して、飲食業界全体のさらなる発展を期待しましょう。





閲覧数:0回

最新記事

すべて表示
screenshot-20240111-095026 (1).png
bottom of page