top of page

情報過多を避けながら複数の店舗/拠点を運営する方法

複数店舗を運営する小売業者にとって、情報過多にならない経営方法についてご紹介します。在庫管理を効率化し、標準的な業務手順を確立することで、スムーズな運営を実現できます。従業員のトレーニングも簡素化し、店舗ごとのパフォーマンスを把握できます。また、従業員間のコミュニケーションも円滑化し、ビジネスの成長を促進します。これらの方法を取り入れることで、小売業を成功へと導きましょう。



情報過多を避けながら複数の店舗/拠点を運営する方法

 

複数の店舗を持つ小売業のオーナーであれば、すべてを円滑に運営することがいかに難しいことであるかはご存じでしょう。まるで駅伝レースのように、異なる店舗や部門間でスムーズにバトンパスをしないとレースに勝つことはできません。しかし、業務を効率化すれば、簡単に成功を収めることができます。



在庫を管理する

 

複数の小売店を管理する上で最大の課題のひとつが、在庫の管理です。どの商品が売れているのか、各店舗にどれだけの在庫があるのかを把握する必要があります。在庫が少なくなってきたら通知してくれ、毎日の在庫ダッシュボードで各店舗の在庫量をすべてリアルタイムかつ簡単に確認できるものが良いでしょう。そうすれば、在庫切れになることなく、顧客を満足させることができます。



各店舗の標準業務手順(SOP)を確立する

 

すべてがスムーズに進むようにするには、従業員が指針とする標準的な業務手順を確立する必要があります。これらの手順書は、従業員が何をすべきか、どのようにすれば良いのかを知るのに役立ちます。業務マニュアルは、すべての従業員がいつでもアクセスできるようにすることで、誰もが自分の仕事を知り、優れた顧客サービスを提供できるようになります。共同作業できるドキュメントも活用すれば、更新も簡単です。



IT技術を活用して従業員のトレーニングを簡素化

 

小売業に限った話ではありませんが従業員の離職は大きな問題であり、新入社員のトレーニングにはコストと時間がかかることがあります。幸いにも、IT技術を活用することで従業員のトレーニングを簡素化し、離職率のリスクを減らすことができます。例えば、入社時研修プログラムを事前に録画し、トレーニングの手順を詳細に説明した文書やビデオを作成することができます。新入社員はいつでもこれらのリソースにアクセスし、マネージャーに頼らずに自己トレーニングを行うことができます。これにより、時間とリソースを節約しながら、各従業員が業務に十分対応できるような環境を整えることができます。



各店舗の業績を把握する

 

ビジネスについて十分な情報に基づいた意思決定を行うには、各店舗の業績を把握する必要があります。これにはデータを分析・可視化できるツールを使用すると良いでしょう。各店舗の業績を統合的に把握し、自動的に生成されたレポートやリアルタイム通知で変化にも気づきやすくなります。メールやチャットなどで売上を手動で報告し、チャット履歴を確認してExcelに取り込む必要はもうありません。ビジネスの成長を促すデータに基づいた意思決定を可能にしましょう。



従業員間のコミュニケーションを向上させる

 

すべてのビジネスにおいて円滑なコミュニケーションは重要ですが、複数拠点を持つ小売業ではさらに重要です。売り場にいても、倉庫にいても、遅延や障害を起こすことなく、全員がより効率的に共同作業できるようにしましょう。複数店舗を持つ小売業は、業務ツールの活用によってこれらを簡単かつ効率的に管理できます。


  • 在庫状況の把握

  • 店舗の標準的なマニュアルの確立

  • 従業員トレーニングの簡素化

  • 店舗ごとの業績把握

  • 従業員間のコミュニケーション向上


結果的にビジネスの成長に集中し、成功を達成することができます。



Larkを活用すると・・・

 

複数の店舗を持つ小売業のオーナーであれば、すべてを円滑に運営することがいかに困難かご存知でしょう。次の5つのヒントは、小売業を効率的に経営するために用意されたものです。プロセスを効率化し、コストを削減し、最終的にビジネスを成長させましょう!経験豊富な方でも、これから始める方であっても、これらのヒントを参考にしてビジネスを次のレベルに引き上げてください。




  1. 在庫不足にならないようにしましょう!

  2.  Lark Baseを使用することで、商品の在庫を確保できるので顧客にご満足いただけます。在庫が足りなくなると常に通知を受け取れ、リアルタイムにダッシュボードで各店舗の在庫状況を簡単にチェックできます。

  3. Lark Docsを使って店舗ごとの標準的な業務手順書(SOP)を設定しましょう。これらの手順をWikiを通じてアクセス可能にすることで、従業員が同じページで作業し、一流の顧客サービスを提供できるようになります。新入社員のトレーニングはコストと時間がかかることがありますが、Larkを使えば簡単です。入社時研修を録画しておき、分かりやすいドキュメントやビデオを組み合わせて作成すれば、いつでもどこでもアクセスできるようになります。これにより、マネージャーに頼らずに自己学習も可能です。Wikiの活用も有効です。

  4. Lark Baseを使って各店舗の業績を把握しましょう。自動的に生成されたレポートとリアルタイム通知により、ビジネスの成長に寄与するデータに基づいた意思決定が可能になります。

  5. チャットを使って従業員間のコミュニケーションを向上しましょう。チームは簡単に連絡を取り合い、重要な情報にアクセスできます。誰もが遅延や障害なく効率的に働くことができます。

閲覧数:0回

最新記事

すべて表示
screenshot-20240111-095026 (1).png
bottom of page