top of page

飲食店を効率的に運営する方法

業務の効率向上は、一貫して品質の高い食品とサービスを提供したい飲食店にとって重要です。業務の効率向上を達成することは困難な場合もありますが、業務を効率化し、効率を向上し、顧客満足度を向上させることで売上の向上も見込むことができます。このブログでは、飲食業においてオペレーションを効率化し、迅速な成長を実現するための4つの実践方法を紹介します。




早期に紙とペンから移行

 

オンライン注文、デジタル待ちリスト、タブレットなどが広まっていますが、紙とペンはまだ広く使用されており、日常業務を遅らせています。たとえば、食品検査の結果を紙に書き込んだ後、地域の店舗マネージャーは結果を一つ一つまとめる必要があり、店舗スタッフが同じ問題を異なる方法で記述することもあり、結果を理解するために余分な時間がかかる場合があります。



おすすめの方法: 現場にモバイル版を活用

 

モバイルフレンドリーなフォームを使って、店舗運営に関する情報を即座に収集し、まとめることができます。日常点検のための紙のフォームをオンラインフォームに変換し、店舗エリア、チェックする項目、問題のカテゴリなどをあらかじめ定義しておき、店舗スタッフが簡単に一貫性を持って情報を入力できるようにします。またデータを直接使ってレポートやダッシュボードを生成し、店舗チームとより早くレビューやフォローアップを行うこともできます。)





繰り返し作業を削減

 

店舗での日常業務は時間の浪費だけでなく、ビジネスの機会も損失してしまいます。例えば店舗マネージャーはシフトを正確に把握するために、全ての店舗メンバーに電話で連絡するのに1時間を費やしています。その時間を使って次の四半期のビジネス計画を完成させたり、売上予測を確認してより多くの資材を発注することができます。



おすすめの方法: 業務のプロセスを自動化

 

 業務を自動化を作成することは非常に効果的です。店舗チームの時間をさらに付加価値の高い作業に使うことができます。例えば、Excelシートを使ってシフトを記録したり調整したりする代わりに、シフト管理と通知を自動化することを検討してみてください。出勤・退勤、シフト変更のリクエスト、シフトの確認、給与支払いなどを自動化できます。これによりコミュニケーションのエラーやシフトの見落としを減らすことができます。



一貫性のある情報ソースを作成

 

飲食業務を複数の場所で展開する際には、一貫性の欠如が業務効率だけでなく収益にも悪影響を与えます。例えば同じタピオカティーでも、店舗ごとに異なるバージョンのレシピが提供されるため、顧客が離れていく原因になってしまいます。



おすすめの方法: マニュアルとレシピをデジタル化

 

店舗運営の最新版のガイドラインを簡単に利用できるようにすることで、使用される基準を統一し、古くなったガイドラインによる再作業の可能性を減らすことができます。特に複数の場所で運営している場合には、ビジネスのためのガイドラインを作成し、従業員がモバイル電話で直接アクセスできるオンラインドキュメントで管理することをおすすめします。これにより、印刷や修正に余分な費用をかけることなく、編集や従業員との共有が容易になります。従業員はもはや古くなった印刷されたレシピハンドブックを参照する必要はありません。


従業員のトレーニングに投資

 

優れたプロセスやガイドライン、ツールを持っていても、店舗スタッフの実行力が業務の効率性を決定します。新しいPOSシステムの使い方を知らない訓練されていないレジ係は、顧客の会計を遅らせ、顧客に不満を与える可能性があります。



おすすめの方法: トレーニングをオンデマンドに

 

複数の場所を管理する場合、トレーニングセッションの効果を最大化することが重要です。複数の店舗でトレーニングを開催するためにオンラインミーティングを使用するだけでなく、リアルタイムに参加できない従業員にもトレーニングを録画して共有することができます。また、トレーニングのテキスト記録や関連資料なども用意して録画と一緒に共有することで、従業員がオンデマンドで確認する際により多くの文脈を提供できます。これにより、新しい店舗スタッフでも1日目から、段階的なトレーニングに必要な時間を最小限に抑えることができます。まとめると、飲食業のオペレーションの効率向上を実現するためには、飲食店の業務をデジタル化し、モバイルフレンドリーなツール、自動化されたプロセス、統一されたオペレーション基準、フロントラインチーム向けのアクセス可能なトレーニングを活用することが重要です。これは継続的な改善、適切な目標設定、パフォーマンス評価が必要な継続的なプロセスです。Larkのようなプラットフォームを使用することで、飲食店はこれらのベストプラクティスを実施し、現場労働者の時間を最大限に活用し、顧客体験を向上させ、食品とサービスの品質を向上させることができます。

閲覧数:0回

最新記事

すべて表示
screenshot-20240111-095026 (1).png
bottom of page