top of page

日本のモノづくりの現場と解決化へのポイント

日本の経済を裏で支えるモノづくり産業、中小規模の製造会社がその大半を占めており、大企業と比べても全く遜色ない製品を産み続けてきました。しかし、近年、海外競合の増加や技術・人材の不足といったマクロ環境の課題から、生産性の低下や人材の流出などミクロ環境におけるチャレンジまでの様々な要因から、いかに採算性を保ちながら、持続可能な経営をしていくかが会社の存続に関わる一番肝心な部分と言っても過言ではありません。そこで、多くの企業が内部ワークフローの最適化によるコスト削減に踏み切りました。その中、とりわけ工程管理、品質管理、在庫管理、人材育成といった現場レベルの作業が注目を浴びています。これらの業務を適切に管理し、改善することによって、企業の競争力向上に繋がると言われています。そこで、今回は中小規模の製造業にとって、Larkのソリューションは上記の4つのチャレンジにどう役に立つかついて紹介していきます。



タイムリーな工程管理でより高精度な生産計画立案が可能に

 

製造業において工程管理は非常に重要な役割を担っています。Larkのソリューションでは、チームのタスク管理やプロジェクト管理、進捗状況など、それぞれ依存関係のあるタスクの確認が簡単かつタイムリーに一覧できます。タイムリーな工程管理によって、より精度の高い生産計画の立案も可能になり、長期的な部材・部品調達量の是正にもつながりますので、的確な予算配分や作成にとても有効です。また、各工程で必要な情報を共有することで、人的ミスの発生防止やミスコミュニケーション対策にもご活用いただけ、次の品質管理にも繋がっていきます



品質管理がより容易に

 

品質管理は、製品の品質を保証するために不可欠なフローであり、多くの場合、品質管理体制の不十分が顧客からのクレームや製品のリコールなどのトラブルに直結しており、手間はもちろんのことで、更なるコストがかさんでしまうことにもなりかねません。Larkのソリューションでは、品質管理に必要な機能を集結しており、問題が発生したら迅速に各関係者に自動的に通知することができ、問題処理の効率を改善すると共に、処理への抜け漏れ防止にも対策できます。また、不良・問題発生の報告などの記録や履歴を一覧化し共有することで、改善点を明確にし再発防止を見越して長期的な品質向上に寄与できます。



販売と在庫管理がよりスマートに

 

一気通貫した販売と在庫管理は、中小規模の製造業のコスト削減において非常に肝心なポイントです。Larkのソリューションでは、在庫管理に必要な情報をリアルタイムでダッシュボード形式で一覧することができます。在庫数や入出庫の履歴、在庫の場所などを的確に把握し、納期を漏れなく対応することで顧客との信頼関係を築き上げていくことが重要です。さらに、注文を始めとした販売状況の可視化が、長期的な価格分析・是正にも繋がりますので、コスト抑制に直に影響してくると言っても過言ではないでしょう。また、在庫数に応じての自動発注も可能なため、在庫不足や在庫過剰を防止はもちろんですが、人工的点検による工数の削減にも可用性が高いです。



作業員トレーニングを効率的に実施できます

 

冒頭でも言及しましたが、人材の不足や出入りが比較的に激しい伝統技術を営む製造業界にとって、人材の育成は長期的な競争力を維持するための不可欠なところです。ただ、現状としては、多くの企業は若手対しては暗黙知で伝える・伝わる形が多く、ナレッジの蓄積・共有が思ったより進んでいないところが多く見受けられます。Larkのソリューションでは、Wiki機能を通して手順書や作業指示、技術などの内容を一箇所に集中的に蓄積・管理することができ、ノウハウの属人化を防ぐ効果があります。作業フローを効率的に共有することによって、新入社員でもベテランでも、組織の中の誰もが自由に閲覧・経験共有することが可能で、熟練技術の持った次世代の育成に繋がります。



以上、中小規模の製造業にとって、Larkのソリューションは工程管理、品質管理、在庫管理、人材育成にどう役に立つかついてご紹介して参りました。Larkを活用して、あなたも是非、製造現場のDXを始めてみませんか!

閲覧数:0回

最新記事

すべて表示
screenshot-20240111-095026 (1).png
bottom of page