top of page

心穏やかに仕事をする方法:テレワークでのルーティーン

テレワークは、働く場所を選ばないだけではなく、生産的でストレスの少ない効率的な働き方として注目されています。バッファーが世界中の人々を対象に2019年に行った調査によると、回答者の99%がテレワークを希望していると回答しました。これは、何百万人もの人々が、オフィス勤務よりも圧倒的にテレワークを希望している事を表しています。また、会社は経費を削減でき、従業員は自分の時間がコントロールできるため、皆がハッピーになれる働き方なのです。


しかし、もちろん良いことだけではありません。

テレワークにもいくつかデメリットがあります。ここでは、テレワークで見逃してはならない4つのサインをご紹介します。 時にテレワークが、あなたの心の健康を脅かすこともあります。どのようにこれらの初期サインをキャッチし、幸せで生産的な状態を保つことができるかを、一緒に考えていきましょう。



1. 孤独は、一人暮らしをしているかどうかに関係なく、時に私たちに深刻なダメージを与えます。外では社交的であっても、家に帰れば孤独を感じることがあります。これが、多くの起業家が事業を立ち上げることが孤独であると語る理由の1つです。そしてこの様な状況が早期に解消されないと、うつ状態などに発展する可能性があります。


対処方法: 友人や同僚と、定期的に話しをすることをお勧めします。さらに、休憩時間にネットで見かけた面白い動画などをメッセンジャーで共有する事で、孤独や寂しさをいくらか緩和できるでしょう。


 

2. 不安は誰もが必ず抱くもので、テレワークにおいても同様です。一人で作業をしていると、チームから切り離されたように感じることがあります。他のスタッフが何をしているのか、どこにいるのか、自分が参加していない会議で何が話されているのか、など。不安を対処せずに放置しておくと、不安障害や神経症といった仕事に支障をきたす問題につながる可能性があります。


対処方法:チーム内で積極的にコミュニケーションをとりましょう。週末の計画を話たり、メッセージに迅速に対応し、率先的にチームのタスクリストを更新します。さらに、Larkを使えばチームメンバーとカレンダーの共有ができます。他の人に何かを求める前に、自分から率先して行動しましょう。


 

3. 仕事に集中できないというのは、どのような働き方であっても出てくる悩みです。しかし、テレワークの場合、情報過多により集中力が途切れてしまうという問題があります。これは特に、気が散りやすい人々によくみられます。テレワークでは、休憩ついでについSNSをチェックしたり、YouTubeの動画を観たり、ウィキペディアで調べものを始めてしまいます。これはつまり、業務に関係ない情報を脳に蓄積しているのです。この様な作業は、あなたの注意を分散させてしまい、再び集中しようとすると余分なエネルギーを使ってしまう原因になります。このように寄り道と再集中を繰り返していると、実際には生産性があがっていないのに、燃え尽きたような感覚になることがあります。


対処方法:スケジュールを作成しましょう。詳細なものではなく、柔軟性のある、よりざっくりとしたスケジュールづくりをおすすめします。通知に邪魔されずに集中したいときは、Larkのサイレントモード、または「取り込み中」モードをONにしましょう!


 

4. 自己満足は、実は快適さと密接に結びついています。そしてその快適さは……多くの皆さんがテレワークで定位置としているであろう、ソファーに関連しています。オフィスでは、ビジネスの成長や、製品のローンチ、新規クライアントとの契約など、結果を出しているチームメンバーの状況を常に目の当たりにしています。私たちは本質的に競争心を持った生き物です。しかし、自宅でゆったりとソファーに座っていると、目標達成に向けて努力する周囲のエネルギーから隔離され、集中力を失い、自己満足に陥ってしまう可能性があります。


対処方法:テレワークでは、必要最低限のことだけを済ませ、満足してしまいがちです。しかし、これが定着すると悪い習慣になります。テレワーク下では、積極的に他のチームメンバーのサポートを行いましょう。こうする事で、チームメンバーが設定しているベンチマークや、彼らのプロジェクト完了までのプロセスを学ぶことができます。これは、自分の仕事の参考になる他、チームの結束を高めることにもつながります。



テレワークは、理想的なフロンティアのように思えるかもしれません。しかし、テレワークをする際は、精神の安定に気を配ることが重要になります。また、友人との連絡や同僚との定期的なコミュニケーションをスケジュールに追加することも、心穏やかに過ごすことに役立ちます。Larkのオンラインオフィスを活用しましょう。オンラインで何気ない会話をする機会を持つことで、実際の距離を克服し、テレワークでのチームの生産性を最大化できるのです。

閲覧数:0回

最新記事

すべて表示
screenshot-20240111-095026 (1).png
bottom of page