top of page

テレワークに本気で取り組みませんか?

ますますデジタル化が進む現在、多くの企業がテレワークを導入し始めています。


たとえば、2018年のIWGによる調査(リンク先は英語になります)によると、労働者の70%が、週に1回はテレワークをしていると答え、53%が週3日以上テレワークしていると答えています。


近年この傾向は高まっており、労働者の80% (リンク先は英語になります)以上がテレワーク制度の導入を希望しています。


すべての企業にとって、近い将来導入されるであろうテレワークを見据えたチーム体制の構築は、もはや必須だと言えます。そして、その変革は経営陣によって推進されなければなりません。


テレワークでのチーム管理には難しさが伴います。しかし、導入に際しての懸念や不安は、最新のテクノロジーに関して十分な知識を持ってもらい、システムを信頼していただくことですぐに解消されるはずです。


テレワークは、多くの企業にとって踏み込む勇気が必要な、新しい世界です。経営陣は、チームがどこにいても快適に仕事ができるよう、まだ始まったばかりのこの勤務体系を支援する、最良のツールを採用する必要があります。


そして、そのような未来の働き方のために誕生したのが「Lark」です。Larkには、テレワークでのチーム管理で使える、便利な機能が搭載されています。



Larkビデオ会議
















Larkのチャット機能と一体化した、ビデオ会議を使用すると、高品質のビデオ会議を行うことができます。Larkビデオ会議では最大100人が参加でき、会議、ブレインストーミングセッション、グループディスカッションなどを、いつでもどこでも行うことができます。


また、Larkビデオ会議は社員同士のやり取りや交流にも使え、コミュニケーション促進にも役立ちます。



Lark承認申請



面倒な承認申請も、「Lark承認申請」なら簡単にできます。

Lark承認申請では、管理者が、休暇、出張、調達など、組織に合わせて柔軟に、承認申請プロセスをカスタマイズできます。


設定が簡単で、効率向上を目指すLark承認申請では、モバイルから承認申請リクエストを上げることができ、承認する側も、スマートフォンで簡単に承認することができます。



Lark勤怠管理



リモートチーム、特に離れた現場で働くチームを管理するマネージャーにとって、出社状況の把握は決して簡単ではありません。


しかし、Larkの勤怠管理機能を使えば、そのような悩みも簡単に解決できます。


現代のスマートフォンの一般的な機能を利用するように設計されたLark勤怠管理があれば、高価なタイムレコーダーは不要です。社員がLarkのボタンをタップするだけで出勤および退勤を記録します。この勤怠管理データは、さまざまな形式で確認およびエクスポートできるため、マネージャーは正確なデータに基づいて適切な意思決定を行うことができます。




閲覧数:1回

最新記事

すべて表示
screenshot-20240111-095026 (1).png
bottom of page