top of page

外国人従業員との共生:ダイバーシティ推進の鍵

日本でも「ダイバーシティ」という言葉が着実に浸透してきています。


ダイバーシティは多岐にわたる要素を含むため、理解が難しいかもしれませんが、具体的には性別、国籍、文化、価値観、ライフスタイルなどが含まれます。


日本のビジネス環境でも、国籍の多様性に焦点を当てる取り組みが増加しており、ダイバーシティへの関心が高まっています。


多国籍なメンバーと共生するために何が必要なのかご紹介します。



ダイバーシティーと言葉の壁

 

日本のビジネス環境でも、国籍の多様性に焦点を当てる取り組みが増加しており、ダイバーシティへの関心が高まっています。 実際ジェトロの海外ビジネス調査※によれば、2022年に入って日本国内の企業が外国人材を雇用する割合が50%を超えたこともあり、ダイバーシティに対する取り組みが強化されている兆候と言えるでしょう。

*下記はジェトロの公開済み資料より抜粋




※ 2022年度|ジェトロ海外ビジネス調査 日本企業の海外事業展開に関する アンケート調査より


そういった中課題の一つとして挙げられるのは、「言語の壁」です。 「ようやく待望の外国人社員が弊社にも来てくれた!」とせっかく喜んでも、コミュニケーションの難しさを理由に離職者を出してしまうと、採用コストや教育コストはもちろんのこと、ダイバーシティの推進にもストップがかかってしまいます。



言語問題とは

 

では、この言語問題とはどういったものが挙げられるのか、見てみましょう。

  1. コミュニケーションの困難さ: 日本の企業で働く外国人社員が、日本語を不得意またはほとんど話さない場合、日本人社員とのコミュニケーションが難しくなります。業務上の誤解や情報の欠落が生じる可能性があります。

  2. 会議やプレゼンテーションの際の制約: 外国人同僚が日本語を話せない場合、会議やプレゼンテーションに参加することが制約されることがあります。これは意思決定プロセスにおいて影響を及ぼす可能性があります。

  3. 文化の違い: 言語の壁は文化の違いとも関連しており、異なる文化的期待やビジネス慣習が衝突する可能性があります。外国人社員が日本のビジネス文化を理解できない場合、誤解や緊張が生じることがあります。

  4. チームの一体感の欠如: 言語の壁は、チーム内での一体感を損なう可能性があります。コミュニケーションが円滑でないため、チームメンバー間の信頼関係が構築しにくくなることがあります。

  5. 教育とトレーニングの必要性: 日系企業は、外国人社員に対して日本語のトレーニングやビジネス文化に関する教育プログラムを提供することが重要です。また、英語や他の言語をサポートするための設備やツールも必要となるでしょう。

  6. コミュニケーションツールの活用: ビデオ会議、チャット、翻訳ソフトウェアなどのコミュニケーションツールを活用することで、言語の壁を一部克服できる可能性があります。しかし、これらのツールは完璧ではなく、コミュニケーションの質に制約をもたらすことがあります。

外国人社員との言語の壁を克服するためには、相互の理解を深め、言語スキルを向上させるための支援を提供することが重要です。また、文化的敏感さを持ち、柔軟なアプローチでコミュニケーションをとることが成功の鍵となります。



Larkの翻訳機能

 

Larkなら、チャット(18言語に対応)、ビデオ会議、リアルタイム自動翻訳、自動議事録(Minutes)、ナレッジ管理・共有(Wiki)など、ダイバーシティな組織を作っていくうえで必要な要素を網羅しています。




Larkが自社に合うのか?どんなことができるのか?詳しく知りたい方は、Larkまでぜひお問い合わせください。



閲覧数:0回

最新記事

すべて表示
screenshot-20240111-095026 (1).png
bottom of page