top of page

飲食業界で従業員の満足度を高める4つの方法

今日のビジネスの世界では、従業員とその情報のコミュニケーションが今まで以上に重要になっています。管理側は情報を安全に保管するだけでなく、従業員のエンゲージメント、コミュニケーション、人員配置管理も行わなければなりません。店舗の従業員は、店舗の清掃、在庫の管理、顧客のための料理の調理など、レストランにおいて一番字重要な存在です。しかし、店舗の従業員と会社の他の部分との間のコミュニケーションはしばしば困難であり、従業員のエンゲージメントに悪影響を及ぼし、離職率を高めてしまいます。また、コストもかかります。第一線の従業員が辞めてしまえば、次の従業員を雇うコスト、また再教育のコストも発生します。従業員に長く働いてもらうの施策と従業員とのコミュニケーションに焦点を当てることで、店舗はコストを節約できます。チームを維持するためにチームと密にコミュニケーションをとることが不可欠です。このブログでは、従業員のエンゲージメントを高めるためのヒントと、Larkがどのように役立つかについて説明します。



現場の従業員を常に情報をアップデート

 

多くの飲食事業における社内コミュニケーションは、テキストメッセージや電話に限られているため、誰もが重要な発表やビジネスの最新情報を受け取るわけではありません。透明性の欠如は、第一線の従業員の間で不信感、不確実性、および離脱感につながる可能性があります。


ヒント:成果をオンラインで会社全体に定期的に公表します。たとえば、チームとのコラボレーションスイートでグループチャットや公式チャネルを手配し、現場の従業員が興奮と喜びを共有できるように、これらのチャネルに最新情報を共有できます。




トップパフォーマーを認識し、現場に評価を与える

 

食品および飲料業界の最前線のスタッフの努力は、十分に管理側に認識されていません。主にペンと紙で行われる効果のない評価のために、パフォーマンスの高い従業員はなかなか特定されません。最も生産的な労働者を効果的に特定して評価を与えることができないと、成功を達成するために一生懸命働いた従業員の意欲を低下させ、現場職員の離脱と高い離職率につながります。 ヒント:成長を促進し、トップパフォーマンスの従業員を称賛するために定期的なパフォーマンスレビューを実施します。パフォーマンス評価構造を作成し、定期的なサイクルを設定してレビュー結果を更新します。加えて従業員の成果に賞賛を送ることお勧めします。月あたりのトップセールスや仕事の記念日など、従業員がキーマイルストーンに達するたびに、こういったタイプのアナウンスメントを自動化することが可能です。成果を認識し、現場に評価を与えることは、ハッピーな従業員を育てることになります。ひいては、やる気の高い従業員が、顧客をハッピーにすることができます。



現場の労働者と管理者をつなぐ

 

食品および飲料業界の最前線のスタッフの努力は、十分に管理側に認識されていません。主にペンと紙で行われる効果のない評価のために、パフォーマンスの高い従業員はなかなか特定されません。最も生産的な労働者を効果的に特定して評価を与えることができないと、成功を達成するために一生懸命働いた従業員の意欲を低下させ、現場職員の離脱と高い離職率につながります。

ヒント:成長を促進し、トップパフォーマンスの従業員を称賛するために定期的なパフォーマンスレビューを実施します。パフォーマンス評価構造を作成し、定期的なサイクルを設定してレビュー結果を更新します。加えて従業員の成果に賞賛を送ることお勧めします。月あたりのトップセールスや仕事の記念日など、従業員がキーマイルストーンに達するたびに、こういったタイプのアナウンスメントを自動化することが可能です。成果を認識し、現場に評価を与えることは、ハッピーな従業員を育てることになります。ひいては、やる気の高い従業員が、顧客をハッピーにすることができます。



現場の労働者と管理者をつなぐ

 

現場の労働者が会社から孤立していると感じると、仕事に対するエンゲージメントやモチベーションが低下し、会社からのサポートや過小評価を感じる可能性があります。また、コミュニケーションチャネルがないと、経営者や経営幹部が業務上の問題や顧客体験に関する第一線の従業員から貴重なフィードバックを集めることが困難になり、会社のプロセスやサービスを改善することができなくなってしまいます。

ヒント:リアルタイムのメッセージングとコラボレーションを促進して、フィードバックを解決し、現場の声が確実に聞こえるようにしましょう。チャットミーティングを通じて、店内のチームと本社を即座に獲得できるため、現場の従業員は顧客の問題を迅速に解決し、すぐに質問に回答し、電話より効率的に作業できます。また、すべての従業員が提案を投稿できるようにする会社のフィードバックボードを作成することもできます。



従業員の成長を促進し、サポート

 

従業員の成長を促すことは、レストラン業界の第一線の労働者を引き付けるための重要な側面です。サポートが不十分な場合、従業員のモチベーションと仕事の満足度が低下し、全体的なパフォーマンスの低下と高い離職率につながります。

ヒント: サポートの機会を作り、全員に目標を設定するよう促します。レストラン内のメンターシッププログラムにより、経験豊富な人がキャリアをスタートさせる人に貴重なスキルセットを教えることができます。メンターと研修者は、チャットを介して接続し、ミーティングを設定し、進捗文書を作成して、共同で構造化された方法でコミュニケーション、進捗状況の追跡、目標の設定を行うことができます。さらに、 OKRの、従業員の個人的およびキャリア目標をレストランのより広い目標に合わせる目標設定フレームワークを通じて、従業員の明確な目標を設定します。たとえば、従業員はOKRを設定して、新しいメニューの作成など、新しいスキルを学ぶことができます。

従業員の成長の機会を提供することで、レストランは第一線の労働者と関わり、より意欲的で生産的で幸せな労働力を生み出すことができます。全体として、第一線の従業員が会社に認められ、つながりを感じたとき、彼らは仕事に従事し、高いやる気を持つ可能性が高くなります。共通の目標に向かって取り組んでいるより大きなチームの一員であると感じ、自分の仕事に責任を持ち、顧客に優れたサービスを提供するためポジティブに働く可能性が高く、最終的には顧客満足度の向上、従業員の定着率の向上、および前向きな職場文化につながります。最前線のチームのエンゲージメントを高めたいですか? 🔗今すぐLarkに無料で相談してください。

閲覧数:0回

最新記事

すべて表示
screenshot-20240111-095026 (1).png
bottom of page