top of page

【公募開始】第12回事業再構築補助金

更新日:4月26日

第12回事業再構築補助金

2024年4月23日、中小企業庁のウェブサイトにて「第12回公募事業再構築補助金」の募集開始のお知らせが更新されました。


公募は4月23日より始まります。


この記事では、新たに開始された公募の詳細と共に、過去11回の公募の分析と注意点をまとめ、これから申請を考えている事業者の方々への参考情報として提供しています。作成は急いで行ったため、今後新しい情報が入り次第更新していく予定です。


事業再構築補助金に関する基本情報は、以前の記事で詳しくまとめておりますので、内容が多いですが、参考資料としてご利用ください。


第12回事業再構築補助金の概要

 


2023年11月、行政事業レビューの指摘を受けて5カ月間にわたり停止していた事業再構築補助金がようやく公募されます。


行政事業レビューでは、以下の内容が指摘されました。


  • 新型コロナ対策としての役割は終わりつつあるため、基金のうちそれにかかる部分は廃止し、もしくは抜本的に事業を構築し直すべき。

  • 申請書・財務諸表の精査、四半期ごとのモニタリングなどの仕組みが確立されない限り、新規採択は一旦停止すべきであり、それができない場合は基金として継続する必要は認められないため、国庫返納して通常の予算措置とすべき。

  • 審査の厳格化とデータの収集の厳格化については、引き続き十分な検討が必要である。


以上の指摘に基づいて、12回公募が開始されたため、「申請書・財務諸表の精査、四半期ごとのモニタリングなどの仕組み」は確立されたと言えます。またその他の指摘においても概ね解決しており、その内容を以下にまとめます。


以上より、申請される事業者にとっては厳しくなることは確かです。


ただし、対策と考え方次第では採択を狙うことができる補助金なので、以下をお読みいただき申請のご参考にしていただければと思っています。



第12回事業再構築補助金の変更点

 


前回の行政事業レビューで厳しい指摘を受け、第12回の公募から制度が大幅に変更されます。この変更は制度そのものに根本的な改革が加えられているため、変更点を充分に理解して申請に臨みましょう。


制度上の変更点


  • 支援枠を簡素な形に見直し、6つの枠から3つの枠に削減します。

  • 新型コロナ対策として実施していた特例的措置である事前着手制度は原則的に廃止されます。

  • すべての申請枠において、コロナ債務を抱える事業者に加点措置を講じ、支援を重点化します。

支援枠は以下の3つに限定されています

①成長分野進出枠類型:(通常類型)、(GX進出類型)

②コロナ回復加速化枠類型:(通常類型)、(最低賃金類型)

サプライチェーン強靱化枠


ただし、これは原則であり、以下の条件に合致すれば事前着手制度が認められる可能性もあります。<事前着手制度が認められる場合>

第10回、第11回公募において、物価高騰対策・回復再生応援枠又は最低賃金枠の補助金交付候補者として不採択となった事業者が、第12回公募において、コロナ回復加速化枠(通常類型)又はコロナ回復加速化枠(最低賃金類型)に申請する場合


第10回公募において、サプライチェーン強靱化枠の補助金交付候補者として不採択となった事業者が、第12回公募において、サプライチェーン強靱化枠に申請する場合


「コロナ債務を抱える事業者に加点措置」に関する変更は喜ばしいものです。特に、コロナ禍における融資の返済猶予が迫る事業者にとっては、事業を立て直す良い機会となることを期待しています。



事務局審査の改善・体制強化のついて


  1. 重複申請の排除強化AIを活用し、類似の計画書の使い回しを防止するための重複チェックが強化されます。閾値の見直しや対象範囲の拡大により、同一計画書の使いまわしを効果的に検知します。

  2. 一時的な過剰投資への対応特定のトピックで短期間に申請が集中した場合、一時的な流行によって過剰投資が誘発される恐れがあるため、システムでこれを検知し、より厳格な審査が行われます。また、新規分野への進出については、公募ごとに事業の新規性を再検証します。

  3. 交付審査・実績審査のAI化と高度化採択後の交付審査と実績審査においても、AIの導入などによりシステムが刷新され、審査プロセスの標準化と高度化が図られます。


こうした取り組みを通じて、全体として審査がこれまで以上に厳格化される見込みです。


これらの変更は、第11回までの事例を踏まえ、適正な審査と公平性の確保を目的としていますが、結果として申請者への要求水準が高まり、採択へのハードルが上がることになります。


そのため、申請を検討する事業者は、単に補助金獲得だけでなく、主体的な事業運営とその後の成長・存続を重視することが何より重要になってきます。外部に全て任せきりでは不十分で、自社の主体性が問われます。実際、主体性のある事業者は採択率が高い傾向があると言われています。


EBPM(証拠に基づく政策立案の強化


  1. 四半期ごとの事業化段階報告の義務化事業化の段階で設定した短期アウトカムについて、四半期ごとに報告を義務付けます。

  2. 他補助金データの活用による効果検証他の補助金の申請データを活用し、不採択者のその後の売上や営業利益などのデータと比較するなどして、本補助金の効果を検証します。

  3. 共通デジタルデータ化による分析精度向上これまで事業者ごとに様式が異なっていた提出情報を、共通のデジタルデータで収集することで、分析がしやすくなります(例:賃借対照表や全体損益など)。

  4. 補助事業の効果分析と公表補助事業の効果について分析・検証を行い、その結果を公表します。


EBPMの取り組みは、すでに積極的に協力する事業者に対して補助金の加点要素となっていましたが、今後はさらに強化され、協力が必須となる可能性があります。

ただし、ペナルティはなく、内部情報を開示したくない場合は例外とされています。


<用語説明>

EBPMとは・・・

政策決定において科学的根拠やデータを重視し、客観的な効果検証を行うことで、最適な政策選択を目指すアプローチです。

本補助金でも、投資した税金が適切に活用されているかを検証し、無駄を防ぐことが目的とされています。つまり、事業者のデータを一部把握し、補助金の効果を客観的に把握するための取り組みとなります。




事業再構築補助金の過去の結果一覧

 
第12回事業再構築補助金の過去結果一覧


事業再構築補助金は、難易度が高い補助金として知られています。


過去の結果を見ると、第1回公募から第11回公募までの平均採択率は44.4%と、一般的な補助金に比べて低くなっています。


特に、審査が厳格化された第11回公募では、採択率は過去最低水準の26.4%まで低下しました。


しかし、採択率が下がった要因は、審査の厳密化だけではありませんので本質的な部分を抑えれば、採択率アップは十分に可能です。


では、採択率アップの秘訣とは何でしょうか?


1. 採択率推移から学ぶ

過去の採択率推移を分析することで、審査基準や傾向を把握することができます。

特に、第11回公募で採択率が低下した理由を分析することで、対策を講じることができます。


2. 自社の強みを活かす

当社の強みは、高い採択率の実績です。

長年の経験と実績に基づき、個々の事業に合わせた最適な申請をサポートします。


3. 早期からの準備

申請期限ギリギリではなく、余裕を持って準備することで、より質の高い申請書を作成することができます。


4. 専門家によるサポート

複雑な申請手続きや審査基準に対応するため、専門家によるサポートを活用しましょう。





お問い合わせ

 

カスタマークラウド問い合わせ

いかがでしたでしょうか。


いかがでしたでしょうか?

正直いうとかなり厳しくなった印象はあります。申請される事業者様も支援する事業者様も共に審査の厳密化、ルールの変更は十分に把握された上で申請をされることを推奨しています。


補助金を受給するには主体性が重要なポイントなので補助金に積極的に関与してください。


膨大な数から類似点を見つけることはAIが担当していますが、計画書一つ一つを審査をしているのは人間なので、事業者様の想いや熱意は案外伝わるものです。


この部分をご理解いただけているのであれば採択を狙うことはできるラインの補助金だと当社は考えています。


内容が大きく変わりましたが、補助額は他の制度と比較しても高いので是非積極的にご活用をご検討ください。


また、当社でもご支援を受け付けております。


当社では全国一斉募集される補助金以外にもこのような自治体の補助金にも対応しております。


全国の補助金の実績も事業再構築補助金、ものづくり補助金等といった大型補助金を年間170件以上支援を継続していますので十分対応が可能です。


一度挑戦してみたい、詳しく聞きたいという事業者様は以下よりお問い合わせください。




 

中小企業省力化投資補助金

無料相談はこちらから





中小企業省力化投資補助金

無料カタログ登録サポート


人手不足をチャンスに!売上アップ&生産性向上は「省力化投資補助金」で!


省力化対象製品のメーカー・販売事業者の皆様、事前のカタログ登録はお済みですか?

このチャンスを逃すことのないよう、お早めにご相談ください。


詳しくはこちらから


木下 カスタマークラウド

監修元記事


Comentários


bottom of page