top of page

アイデア創出を刺激するChatGPTの活用法:ブレストを効果的に行う4つのポイント



  1. アイデアの生成: ブレインストーミングでは新鮮な視点が求められますが、それはしばしば難易度が高いものです。ChatGPTは、与えられたトピックに基づいて独自のアイデアを生成することができ、新たな視点を提示してくれます。より効率的かつ精度の高い回答をもらうには、問題やトピックへのアプローチを定義し、さらに特定の仮定や条件を導入することで、AIから多角的な視点や斬新なアイデアを引き出すことが可能になります。

  2. 広範な知識ベース: ChatGPTは多岐にわたる情報に基づいて学習されています。そのため、特定の問題に対する多角的な視点や、あるいは関連する事実や情報を提供することが可能です。これにより、ブレストの議論が深まり、より優れたアイデアが生まれやすくなります。こうして、特定のトピックについて深く理解し、異なる視点を探求したい時に、最新のトレンド、重要な事実、そして一般的な意見などを除外条件としてあらかじめインプットをしてあげておくと、既出で既存の情報と漏れなくダブりなく、全く新しい視点でフレッシュなポイントに絞ることができるようになり、効率的に新しい情報の吸収が可能になってきます。

  3. サポートの提供: ChatGPTは、関連する質問を生成し、議論を広げることができます。それにより、参加者が新たな視点から問題を考え、意識的または無意識的に限定されていた視野を広げることを助けます。その上、前述のセッションの進行のみならず、セッション中に生成されたアイデアやアプローチなどへの評価にも活用ができ、内容を客観的に評価するのに役立ちます。ChatGPTを実際に存在しないもう一人のチームメンバーとして使い、会話形式での指示を出すことで、具体的な質問なり、改善点なりを尋ねるとブレスト全体の質も上がると言われています。

  4. 結論の整理とまとめ: ブレインストーミングのセッションが終わった後、ChatGPTは生成されたアイデアを整理し、まとめることができます。多くのアイデアが飛び交った後の整理に時間を割くことなく、議論の結果をすぐに活用することを可能にします。具体的な成果やトピックを指定し、要約や次の行動計画を作成するように指示することで、今後新たな議論材料への生成やネクストステップなどのアクションプランの策定にも繋がります。




今すぐ試してみよう!

 

ChatGPTの活用は、アイデアの生成から議論の深掘り、そして結論の整理まで、ブレインストーミングの各段階で大きな支援を提供します。特に困難な問題に直面したときや新たな視点が求められるときには有用です。チーム全体のアイデア創出を強化し、ブレインストーミングの効率を向上させます。それにより、より価値あるアイデアが生まれ、ビジネスの成功に寄与することでしょう。 Larkでも、簡単な手順だけでChatGPTとの連携を実現でき、効率性のさらなる改善を図れます。最高なツールが最高な企業を支える今日、あなたもぜひとらいーしてみませんか。



閲覧数:0回

最新記事

すべて表示
screenshot-20240111-095026 (1).png
bottom of page