top of page

進化し続けるEC業界の課題:LarkとECプラットフォームの連携で解決へ

デジタルトランスフォーメーション(DX)は、ツールの導入に留まらず、テクノロジーを利用してビジネスプロセスを劇的に改善し、いかに新たな価値を創出できるかがそのポイントになります。EC業界では、DXにより、アルゴリズムでのより的確な商品の推奨や販売といった対顧客の面から、在庫、売上管理等のプロセスの自動化など社内ワークフローの最適化まで、コスト削減からの顧客体験の向上への寄与が肝心です。

また、多くの企業が複数のECプラットフォームを用いて事業を展開する中で、すべてのプラットフォームをシームレスに統合し、手軽かつ一元的に管理することが求められます。商品、決済、輸送といった異なる情報を異なるプラットフォーム間で一元管理し、データの見える化によって可能にされる更なるインサイトの抽出が、よりスムーズかつタイムリーな意思決定に直結し、それが一貫した顧客体験の提供を可能にします。

これらのトレンドはEC業界がこれからも進化し続けるための重要な指針となり、企業にとっては無視できない要素です。デジタル化の波に乗り、より効率的で顧客満足度の高いビジネス運営が求められています。



今日EC業界のトレンド

EC業界で重要視されるDXとは何でしょうか。それは単にテクノロジーを取り入れることだけではなく、ビジネス全体をデジタル化をし、消費者にとって付加価値の高い最適化されたサービスの提供を実現することを指しています。しかし、その途中で企業はさまざまな課題に直面し、現状としては、ロジスティック(物流)、情報共有、そして財務の三つにあると言われています。


まず、出店者の多くは複数のECプラットフォームで販売をしており、異なるプラットフォームにおけるそれぞれの物流や在庫状況をそれぞれのバックエンドで管理し、スムーズな現状へのタイムリーな把握が実現されていません。さらに、各プラットフォームにはそれぞれ異なる集計ツールが設けられており、顧客データの一元収集、統合、そして分析が不可能で、多くの場合にはエクセルなどの第三者ツールを通して行われているため、データの瞬時性や対応の柔軟性が制限されてしまい、意思決定の速度に悪影響を及ぼしかねません。また、財務面では、決済チャネルの多様化によって、ファイナンスデータの集計がさらに難しくなり、顧客ジャーニー(チャネル、決済手段)分析の複雑化がなされている中、誤った販売戦略の設計に陥る可能性も容易に想像できます。



複数プラットフォーム間の一元管理

 

前述のチャレンジを乗り越えるには、異なるシステム間の連携が肝心になり、その潤滑油的な役割を果たしているのは、まさにLarkです。LarkがEC業界の活用方法についてご紹介します。


LarkをECプラットフォームに連携させると、異なるECプラットフォームの一元管理が可能になります。プラットフォーム間の情報の取り扱いを一元化することで、各プラットフォームのデータを統合し、全体像を掴むことが容易になります。従来、情報の取得に費やしてきた無駄な工数や時間を削減し、よりスマートな管理体制を構築できます。



データの瞬時性と可視性を向上

また、LarkのBaseを活用することで、各数値をダッシュボードを用いて見える化にすることで、データの可視性を改善し、意思決定に必要とされるデータ各種を時間・空間に分断されずにタイムリーに把握することができ、各部署やステークホルダーとの情報共有が容易になります。リアルタイムのデータ反映と表示により、現状の的確な把握と即座の対応が可能になります。



自動通知機能による在庫不足回避

 

さらに、ボットの自動通知機能を利用することで、適切な在庫量を保持し、ロジスティックや財務の最適化が実現できます。各プラットフォームのそれぞれの在庫情報が全て統一されやデータベースに集結し蓄積され、出入庫履歴もすべて漏れなく簡単に確認できます。その上、在庫数に応じて、自動通知を通して自動発注依頼の設定も可能なため、突然の在庫切れを防ぎ、顧客満足度を向上させる効果がああるだけでなく、長期的な商品調達の是正にもつながり、コスト削減に寄与できると考えられます。




最後に

 

以上のように、Larkと各ECプラットフォームとの連携は、EC業界が直面する課題を解決し、さらなる成長への道を切り開く一方で、企業のDXを加速させる重要な役割を果たします。これからもLarkの進化にご期待ください。


閲覧数:0回

最新記事

すべて表示
screenshot-20240111-095026 (1).png
bottom of page