top of page

LarkのISO14001取得への活用法

環境問題は現代の製造業にとって重要な懸案事項となっています。環境への負荷を最小限に抑え、持続可能な運営を実現するためには、組織内で環境マネジメントシステム(EMS)を確立する必要があります。ISO14001は、国際標準化機構(ISO)が策定した環境マネジメントシステムのための規格であり、製造業にとって重要な認証指標となっています。本記事では前編に引き続き、Larkが具体的にiso14001の取得に役立てるかについてご紹介します。




コラボレーションとコミュニケーションの強化

 

Larkは、組織内の異なるチームや部門はもちろん、さらには外部サプライヤーやパートナーとのコラボレーションとコミュニケーションの強化を力強くサポートします。環境マネジメントに関する情報やデータの共有、タスクの割り当て、進捗の追跡など、ISO14001取得に必要な要素を一元で管理できます。



文書管理と情報共有の円滑化

 

ISO14001の要件には、文書化と情報管理が含まれます。Larkのドキュメント管理機能を使用すると、環境方針、手順、作業命令、トレーニング資料などの文書を集中管理し、組織内でのアクセス性の向上と共有においての簡素化ができます。





タスクとスケジュールの管理の最適化

 

Larkのプロジェクト管理機能を使用すると、環境目標の設定やタスクの割り当て、進捗の追跡などを効率的に管理できます。作業の優先順位や締め切りの設定、リマインダーの送信などが可能であり、環境マネジメントのプロセスを迅速かつ効果的に実行できます。




データ収集と分析の一本化

 

Larkは、データ収集や分析のためのソリューション機能を提供しています。環境パフォーマンスの指標や環境影響の評価に関するデータを収集し、分析することができるのみならず、データの可視化と一覧性を高めるにもってこいの選択肢です。




閲覧数:0回

最新記事

すべて表示
screenshot-20240111-095026 (1).png
bottom of page