top of page

製造業から注目されるISO14001規格

ISO14001は、環境マネジメントシステム(EMS)のための国際的な基準です。この規格は、組織が環境への影響を管理し、持続可能な運営を実現するための枠組みを提供しています。ISO14001の導入により、組織は環境に関する法的要件や規制を遵守し、環境への悪影響を最小限に抑えるための対策を講じることが求められます。また、組織は環境マネジメントシステムの継続的な改善を追求し、持続可能な開発に貢献し続けることを目標として取り込んでいきます。


ISO14001の取得ってほんとにメリットあるの?

 

では一体、ISO14001の取得は製造業の企業様にとって、どのようなメリットがあるのでしょうか?一言でまとめてしまうと、その答えは、「一企業の持続可能な成長と競争力の向上」というところにあります。具体的には、コンプライアンス、顧客信頼、コスト削減、ブランドイメージ、従業員意識の五つの面に分けてそれぞれ説明していきます。


まず、ISO14001の導入により、環境関連の法的要件や規制を遵守することが求められます。明確に策定されたルールへのガイダンスにより、組織は法的リスクを最小限に抑え、環境に関連する問題の発生やそれに伴った罰則といったリスクへの回避ができると思われるので、コンプライアンスへの遵守体制がより整った形で実現できます。


また、ISO14001の取得により、企業が企業全体的信頼度を高める効果があると考えられます。 ISO14001の認証は、環境に対する取り組みが明確に示されています。そのため、企業がモノの生産から販売まで、いかなるビジネスプロセスにおいてサステナブルな手法を用いて商売を行うお墨付きにもなり、製造業者としての信頼性や環境に対する責任感が対顧客・取引先・関係者、そして消費者の視点から認識されやすくなり、高まることになります。


その上、 ISO14001規格は、企業のコスト削減と運営効率向上にも寄与する効果があります。ISO14001は、資源の効率的な使用や廃棄物の削減を促すための指針を提供しています。組織は、どのようにエネルギーや水の使用量を最適化すれば良いかといった、生産フェーズの上流工程にあたる部分から先手で対策を打つことが可能になり、下流工程で産出される最終的な廃棄物の発生量を抑えることで、処理コストの削減を実現させることができます。上記のメリットから、環境に配慮した効率的な運営が可能となり、生産性の向上にもつながります。


さらに、該当規格の獲得は、企業の環境への取り組みを外部に示す重要な手段となります。持続可能な開発に貢献する姿勢は、社会的責任を果たす企業としてのイメージを高め、ブランド価値の向上や、その先にある新規顧客の獲得に影響する大きな要素とも言われています。


最後に、ISO14001の導入は従業員に対する環境意識の向上を促せるきっかけにもなり得ます。従業員は環境目標や方針に遵守し、環境に関するトレーニングや教育を受けることで、組織全体での環境マネジメントに積極的に貢献する方向性を定めることによって、持続可能な企業文化の形成と醸成に直結する要素となります。



ISO14001ってどう取得すればいいの?

 

ISO14001の取得には、体制の確立、環境評価と目標の設定、プロセスの確立と実施、内部監査と管理レビュー、認証の取得という五つのステップがあります。

まず初めに、ISO14001を取得するには、組織内に環境マネジメントシステム(EMS)を確立する必要があります。経営層の関与とリソースの割り当てが重要です。環境方針の策定や役割と責任の明確化、関係部門とのコミュニケーションを確立させることがその第一歩になります。


次の段階では、組織が現状の環境パフォーマンスを評価し、環境への影響を特定する必要があります。この情報をもとに、廃棄物削減やエネルギー効率の向上など、具体的な環境目標の設定と、それらの目標を達成するための計画立案を策定します。

また、第三フェーズにおいては、プロセスの文書化と運用が求められます。組織は環境マネジメントのための手順や作業命令、トレーニングプログラムなどを策定し、関係者への周知を徹底しなければなりません。また、プロセスの実施と監視も行い、その成果を評価する必要があります。


認証の取得には、定期的な内部監査と管理レビューが求められます。内部監査は環境マネジメントシステムの適合性を評価し、改善の機会を見つけるために行われ、管理レビューでは、組織のトップマネジメントがEMSの継続的な改善と目標達成度合いについて評価し、能動的に体制の軌道修正を適宜に行うことがポイントになります。


上記のステップをすべて実施した後、認定機関による外部監査を受け、そして合格を得ることで、ISO14001の認証を取得することができます。認証の有効期間は通常3年間であり、規格の有効性を維持するには定期的な監査を受けることが必須のため、一回っきりの出来事でなく、継続的に取り組むことが導入成果を上げるのに肝心なこととも言えるでしょう。



最適なツールの重要性



ISO4001の導入を効果的に進行するためには、ビジネスに適切なツールが必要です。Larkが提供するソリューションを通して、現場とバックオフィスチーム間のタイムリーな情報の連携や、日常業務の効率化、定型業務の省力化、データの可視化などを実現できます。


ISO4001の意味や重要性、規格を取得する方法を理解することで、製造業企業の顧客信頼やブランドイメージの向上とコスト削減を図ることができます。適切なツールを使用することで、ISO4001の取得を効率化し、企業の持続可能な成長と競争力の向上をしていきましょう。


ISO4001の導入効率化を検討されていますか?今すぐLarkチームに連絡し、無料での相談をしてみましょう⛑


閲覧数:0回

最新記事

すべて表示
screenshot-20240111-095026 (1).png
bottom of page