top of page

【Larkで解決】外国人従業員と協働する社会





外国人労働者は年々増加しており、2022年時点での日本における外国人労働者の数は182.3万人に達し、全労働者の中での割合は2.7%となっています。



データをみると、外国人労働者はここ10年ほどで急速に増加していることがわかります。そういった中課題の一つとして挙げられるのは、「言語の壁」です。

「言語の壁」では以下のような問題が挙げられます。



  1. コミュニケーションの困難さ: 日本の企業で働く外国人社員が、日本語を不得意またはほとんど話さない場合、日本人社員とのコミュニケーションが難しくなります。業務上の誤解や情報の欠落が生じる可能性があります。

  2. 会議やプレゼンテーションの際の制約: 外国人同僚が日本語を話せない場合、会議やプレゼンテーションに参加することが制約されることがあります。これは意思決定プロセスにおいて影響を及ぼす可能性があります。

  3. 文化の違い: 言語の壁は文化の違いとも関連しており、異なる文化的期待やビジネス慣習が衝突する可能性があります。外国人社員が日本のビジネス文化を理解できない場合、誤解や緊張が生じることがあります。

  4. チームの一体感の欠如: 言語の壁は、チーム内での一体感を損なう可能性があります。コミュニケーションが円滑でないため、チームメンバー間の信頼関係が構築しにくくなることがあります。

  5. 教育とトレーニングの必要性: 日系企業は、外国人社員に対して日本語のトレーニングやビジネス文化に関する教育プログラムを提供することが重要です。また、英語や他の言語をサポートするための設備やツールも必要となるでしょう。

  6. コミュニケーションツールの活用: ビデオ会議、チャット、翻訳ソフトウェアなどのコミュニケーションツールを活用することで、言語の壁を一部克服できる可能性があります。しかし、これらのツールは完璧ではなく、コミュニケーションの質に制約をもたらすことがあります。



このように多くの課題が挙げられます。Larkにはそんな課題を解決できる翻訳機能が備わっています。


LarkAI翻訳

Lark のAI 翻訳は、100 以上の言語(原文)に対応しており、多言語環境でのコミュニケーションをスムーズに行うことができます。訳文として選択できる言語は、日本語、英語、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)、韓国語、ベトナム語、タイ語、インドネシア語、タガログ語(フィリピン語)、ヒンディー語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語、ポルトガル語、イタリア語、アラビア語、ポーランド語の 18 言語です。


Larkではワンクリックで翻訳が可能。今まで翻訳アプリを使用していた方も大幅な時間短縮に繋がります。翻訳可能な言語は日本語、英語、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)、タイ語、インドネシア語、ヒンディー語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、韓国語、ロシア語、ポルトガル語、ベトナム語、イタリア語、アラビア語、ポーランド語の計 17 種類と幅広い言語に対応しています。

このような翻訳機能は他の機能と組み合わせて使う事により、外国人労働者を雇用する上で出てくる課題を解決する事ができます。






閲覧数:0回

最新記事

すべて表示
screenshot-20240111-095026 (1).png
bottom of page