top of page

【Larkオンラインオフィス】テレワークの悩みを解決


テレワークは働く場所を選ばないだけではなく、ストレスの少ない効率的な働き方として多くの企業が取り入れています。経費を削減できるので、企業側にもメリットがある働き方です。




しかし、もちろんテレワークにもデメリットはあります。Larkを導入して一つ一つ解決して行きましょう。


1.孤独や不安を感じてしまう2.仕事に集中できない3.自己満足に陥ってしまう可能性がある

1.孤独や不安を感じてしまう

テレワークは自宅で作業することが多く、一人暮らしだと他人と関わる時間が大幅に減少します。チームから切り離された気分になってしまったり、他のスタッフがどのように仕事を進めているのか考えて不安になってしまう事もあると思います。

対処方法チーム内で積極的にコミュニケーションをとりましょう。Larkのメッセージ機能を活用して業務の進度を報告しあったり、たまには余談も挟んだりしながら作業を進めることで孤独や寂しさをいくらか緩和できます。また、チームメンバーとカレンダーの共有をすることでチームの動きが知れたり、オンライン会議の計画も立てやすくなります。




2.仕事に集中できない

仕事に集中できないというのは、テレワークだけではなくどんな働き方にもつきものな悩みです。しかしテレワークだと休憩の際、ついSNSを開いてしまったりして多くの情報が入ってくる事によって集中力が途切れてしまいます。

対処方法1日のスケジュールを作成して整理してみましょう。Larkのタスク機能を活用してやらなければならないことを見える化する事で達成感を感じる事もできます。通知に邪魔されずに集中したいときは、Larkのサイレントモード、または「取り込み中」モードをONにする事で余計な情報から離れて作業する事ができます。




3.自己満足に陥ってしまう可能性がある

オフィスでは結果の出しているスタッフや頑張っている他スタッフの姿勢を目の当たりにできる環境です。テレワークだとどうしても直接感じることが少ないのでどうしても自己満足になってしまいがちです。


対処方法オフィスではコミュニケーションをとって、他のスタッフに協力して仕事を進める機会も多いです。しかし、テレワークだと自分の作業だけで満足してしまう可能性があります。Larkのチャットやビデオ会議、タスクの振り分けなどを活用すればテレワークでも他スタッフのサポートに回る事ができたり、協力し合って作業ができます。アドバイスをもらったりする事でチームの結束力も高まり、刺激を受けながらテレワークをする事が可能です。




Larkのオンラインオフィスを活用しましょう。オンラインで何気ない会話をする機会を持つことで、実際の距離を克服し、テレワークでのチームの生産性を高めましょう。









閲覧数:0回

最新記事

すべて表示
screenshot-20240111-095026 (1).png
bottom of page