top of page

【会議のストレスを軽減】マジックシェアの優れた利点


数年前から定着し始めたビデオ会議ですが、会議中に起こる課題も多いですよね。そんな課題を解決に導くLarkのマジックシェア機能を紹介していきます。



ビデオ会議中の課題

 

1.進行者優位の資料閲覧


ビデオ会議中、共有された資料は、進行者のペースで同時に全参加者が閲覧することがあり、理解度の違いから資料の内容が見落とされることがあります。この状況は会議の効率性に悪影響を及ぼす可能性にも繋がります。



2. 資料へのアクセス制限


特定のソフトウェアやツールのインストールが必要であったり、フォルダ権限を変更する必要がある場合、共有された資料を閲覧または編集する際に協力が妨げられることがあります。また、会議と同時に資料を編集することが難しいため、最終的には修正漏れが発生する可能性も高まります。



3. バージョン管理の難しさ

多くの人が同時に資料を編集する場合、最新のバージョンや使用中のバージョンを追跡することが難しく、混乱が生じやすくなります。共有されている資料がどれなのかを特定するのも難しく、フォルダから探し出すことも困難です。




Larkのマジックシェア機能で解決

 

1. 各人のペースで閲覧可能


マジックシェアを使用すると、会議画面上に共有された資料を参加者が自分のペースで自由に閲覧できます。これにより、会議中の誰もが資料に十分に焦点を当て、理解できます。



2. リアルタイム共同編集

マジックシェアを使用すると、複数の参加者が同時に資料を編集できます。また、会議の画面上から直接編集もできるので、わざわざブラウザに切り替える必要もなく、進行内容に合わせて情報をアップデートができるので効率的です。



Larkのマジックシェア機能は、会議中の共有資料の取り扱いに関する課題を解決するための強力なツールです。同時非同期閲覧やリアルタイム共同編集など、多くのメリットがあります。これにより、会議の効率が向上し、業務改善やDXの推進を支援してくれます。










閲覧数:0回

最新記事

すべて表示
screenshot-20240111-095026 (1).png
bottom of page