top of page

【テレワーク時代の必須ツール】Larkでのチャット環境改善術




現在のビジネスシーンでは、ほとんどの業務でチャットがフル活用されています。チーム間のコミュニケーション、重要なファイルの共有、およびさまざまな共同作業が簡便に行えるようになりました。テレワークが増加する現代において、チャットツールはもはや業務上不可欠なツールとなっています。

しかし、その便益とは裏腹に、頻繁な通知音が気を散らし、重要でない情報でも作業を中断させ、業務効率を減少させる原因ともなり得ます。


みなさんのチャット環境をより良くするために、職場ですぐに実践できるLarkチャットでのポイントをご紹介します。



チャット環境を良くするためにできること

 

1. 会話は必要最低限に


Larkのチャットアプリケーションには、チーム内コミュニケーションや共同作業のためのグループチャット機能が提供されています。

グループチャットでメッセージを送る前に、そのメッセージが現時点で本当に必要かどうかを考えてみることをお勧めします。これにより、不必要な通知音による他のメンバーの作業の中断を防ぐことができます。

もし特定の人とのコミュニケーションで済む場合は、1対1のチャットを活用しましょう。



2. 簡潔なメッセージでチームの効率をUP


不要な通知音にイライラしたことはありませんか?

多くの情報を伝えたい場合でも、メッセージをなるべく絞り、簡潔にまとめましょう。これにより、自分の考えも整理され、複数の通知音による他のメンバーの邪魔を減少させることができます。



3. プロフェッショナルな会話を心がけましょう


ビジネスチャットは、友人や家族とのプライベートチャットとは異なります。カジュアルな会話は最小限に抑え、礼儀正しいマナーや言葉遣いを重視しましょう。言葉遣いに特に気を配り、チャットルームがオフィスの一部であることをいつも意識しましょう。



4.チャットアプリを一元化しましょう


複数のチャットアプリが必要なくなりました!Larkでは、会議への招待やドキュメントの共有がグループチャット内で簡単に行え、効率的なコミュニケーションが可能です。重要な情報をピン留めしたり、音声・動画・写真の共有など、高度な機能を活用して、グループチャットを最大限に活かしましょう。



5. 過度なコミュニケーションや感情表現は控えましょう


プライベートなチャットでは、感情を表現するために絵文字やGIFなどがよく使用されますが、仕事中にこれらを過度に利用すると、逆に不適切な印象を与えたり、メンバーの業務効率を低下させる可能性があります。

メッセージを送る際は慎重に言葉を選び、必要最低限の内容に絞りましょう。その代わりに、Larkのビデオ会議機能を活用して、チャットと組み合わせて共同作業をさらに効率化しましょう!




一人一人が最低限のマナーを守り、Larkチャットを利用することで効率的で且つコミュニケーションを気持ちよく取れる手段として欠かせない存在となります。






閲覧数:0回

最新記事

すべて表示
screenshot-20240111-095026 (1).png
bottom of page