top of page

【デジタル時代の飲食業界】Larkの可能性




Larkを導入した飲食業界においてのLarkの活用方法を紹介していきます。Larkを導入したらどのような店舗収益が期待できるのでしょうか。⒈ QSCの向上 ⒉ 外国人観光客に対応⒊ 店舗点検⒋ ワークフロー⒌ 研修とキャリア開発⒍ 従業員満足度調査⒎ 外国人従業員をトレーニング⒏ 収益データの収集と可視化


⒈ QSCの向上

「QSC」とは、「Quality(クオリティ)」「Service(サービス)」「Cleanliness(クリーンリネス)」の頭文字で構成された言葉です。多くの業種で優れた店舗経営をするためには、品質・接客・清潔さが基本となります。QSCの指標は、店舗の状況把握や売上げ向上のために使われます。

Shopらん

店の料理の質、清潔さ、接客など、店舗のQSC向上に必要な点検をLark Baseから入力できます。過去のQSC分析データと比較しながら、店舗状況が向上しているか過去のデータをもとに分析することができます。また、定期的なQSCチェックを行うことで、サービス向上に繋がり顧客満足度を上げる事ができます。



⒉ 外国人観光客に対応


インバウンドが再び増加している状況で、外国人観光客が増えています。言語の壁でうまくコミュニケーションを取れていない店舗も多いと思います。Larkなら、ドキュメントチャットを立ち上げ、自動翻訳機能を使いながら対話が可能。メニューの翻訳もビデオ会議、ドキュメント、チャットを使えば楽に翻訳を行うことができます。親切な対応であれば観光客の満足度も向上し、売上に繋げる事ができます。



⒊ 店舗点検


衛生管理が必須な飲食店。こまめに点検を行わなければなりません。Larkは衛生、保管、およびその他の項目を記録および監視するのに役立ちます。管理側は点検状況をいつでもどこでもチェックする事ができます。



⒋ ワークフロー


Lark承認機能を使うと、休暇申請や経費精算などすべての作業をオンラインでスムーズに申請する事ができます。今まで行っていた紙での申請、承認待ちなどのストレスが解消される事によって従業員体験の向上にも繋がります。



⒌ 研修とキャリア開発


飲食店は多くの常に多くの従業員を抱えている店舗も多く、常に研修を行っている状況です。多くの時間を取られる研修ですが、顧客満足の向上には必須なこと。LarkドキュメントWikiMinites(動画)といった様々なフォーマットを備え、あらゆるメディア形態で最適な研修ドキュメントを用意し、全店舗に共有することができます。新入社員向けの研修資料を一括管理すれば、時間のかかる研修時間を短くして、新入社員にもすぐに活躍してらうことが可能です。



⒍ 従業員満足度調査


従業員満足度を調査することは、モチベーションとエンゲージメントを向上させるのに非常に重要です。従業員の意見を見える化する事で店舗もより従業員と向き合うきっかけになります。自らの能力を発揮できる環境を整えれば、顧客へのサービスも高まり売上の向上にもつながります。



⒎ 外国人従業員をトレーニング


外国人従業員とコミュニケーションをとるには、言語の壁が存在する場合が多くあります。言語に違いにより、指示や説明が効果的に伝わらない場合があるため、トレーニングにおいて、ドキュメントWikiMinutesといった動画を使って、効果的なトレーニングを行うことが可能です。



⒏ 収益データの収集と可視化


Baseフォームを介して複数の店舗から毎日の収益レポートを簡単に収集し、収益傾向を自動的に視覚化して分析します。紙で日報記入していた店舗やExcel記入していた店舗ももっと簡単に分かりやすくまとめることが出来ます。




Lark顧客体験の向上と従業員体験の向上に特化したオールインワンソリューションということがわかりました。飲食店舗経営に必要な体験の向上を、ぜひLarkでスタートしてください。









閲覧数:1回

最新記事

すべて表示
screenshot-20240111-095026 (1).png
bottom of page