top of page

OKRとは何か?KPIとの違いも解説



日常において、大きな目標を設定し、それを達成するために重要なこととはなんでしょうか?目標設定や成果の測定は、個人や組織において重要な一環です。しかし、昔ながらの方法ではしばしば限界にぶつかります。そこで登場するのが、OKRと呼ばれる新しい目標管理の手法です。OKRとは「Objective and Key Results」の略で、目標とその達成を測定するための重要な成果を意味します。このブログでは、OKRが何か、どのように機能し、なぜ多くの企業や個人がこれを採用しているのかについて解説します。



OKRとは?

 

OKRとは、米国のシリコンバレーで生まれた目標管理の手法です。その基本的な考え方は、組織や個人が設定した「目標(Objectives)」と、その達成度を数値で表す「主要成果指標(Key Results)」を定義することにあります。目標(Objectives)は、何を達成したいのかを明確にし、大まかな方向性を示します。これに対して、主要成果指標(Key Results)は、目標の達成を具体的な数値で示すもので、測定可能である必要があります。この数値は、成果の進捗状況を定量的に評価するためのものです。



OKRの仕組み

 

OKRの仕組みは非常にシンプルで、次のステップにまとめることができます。

  1. 目標(Objectives)の設定: まず、何を達成したいのか、具体的な目標を設定します。これはビジョンや使命に基づいていることが多いです。

  2. 主要成果指標(Key Results)の設定: 目標を達成するために測定可能な成果指標を設定します。これは、数値、割合、期限などで具体的に示します。

  3. 週次・月次の進捗確認: OKRは定期的な進捗確認が欠かせません。週次または月次で、目標に対する達成度をチェックし、調整が必要なら行います。

  4. 進捗の共有: OKRは全てのメンバーに公開され、進捗状況は透明に共有されます。これにより、組織全体での連携が促進されます。

  5. 評価と報酬: OKRの評価は、主要成果指標の達成度に基づいて行います。達成した結果に対して、報酬やフィードバックを提供します。



OKRが注目される理由

 

OKR(Objective and Key Results)が注目されている背後には、いくつかの重要な理由が存在します。まず、透明性と連携の向上が挙げられます。 OKRを採用する組織では、目標とその進捗状況が全てのメンバーに公開され、共有されます。これにより、組織内での情報共有が向上し、メンバー間での連携が強化されます。透明性が高まることで、各メンバーは組織全体の目標に向けて連携しやすくなります。さらに、OKRは焦点と優先順位を明確にするのに役立ちます。 目標を設定し、それに対する具体的な成果指標を定義するプロセスは、何に焦点を当てるべきかを明示化します。これにより、組織内での優先順位が明確になり、リソースやエネルギーを最適化できます。OKRは成果志向の文化を作り上げる点でも優れています。 成果指標を達成することが重要な評価基準となるため、メンバーは目標の達成に向かって行動する文化を育てます。この結果、組織内での成果志向が高まり、目標達成がより実現可能になります。柔軟性と適応力もOKRの利点です。 定期的な進捗確認を行い、必要に応じて戦略や目標を調整できるため、変化に対応しやすくなります。市場の変化や新たな機会に対応する柔軟性が、競争優位性を保つ上で重要です。最後に、OKRは個人と組織の成長を両立させる点でも注目されます。 個人の目標が組織の大局的な目標に貢献し、逆もまた然りです。個人と組織は共に成長し、成功に向かって協力します。このように、透明性、焦点、成果志向、柔軟性、個人と組織の成長をサポートするOKRは、多くの組織にとって魅力的な選択肢となっており、その注目度が高まっています。目標設定と成果の測定において、OKRを取り入れることで、組織の成功に寄与し、競争力を維持するのに役立つでしょう。





OKRとKPIの違いについて

 

OKR(Objective and Key Results)とKPI(Key Performance Indicators)は、目標設定と成果の測定に関連するが、異なるアプローチや目的を持つ概念です。よく目標設定する際に、この二つの用語を聞くと思いますが、この違いはなんでしょうか?OKR(Objective and Key Results)は、目標達成を中心に置いた目標設定方法です。組織や個人は難易度の高い目標を設定し、それらの目標を達成するための具体的な成果指標を設けます。OKRは通常、短期的な期間で評価され、変化に迅速に適応します。一方、KPI(Key Performance Indicators)は、主にパフォーマンス測定に焦点を当てます。これは組織やプロセスのパフォーマンスを追跡し、成功を評価するための指標です。KPIはOKRのような具体的な目標設定とは異なり、組織の総合的な健康状態を測定するのに役立ちます。簡単に言えば、OKRは目標達成に焦点を当て、成果の測定が重要です。KPIは組織全体のパフォーマンスを評価するための指標であり、目標達成にフォーカスしないことがあります。




OKRを会社で採用する場合、ツールは必要?

 

会社でOKRを採用する際、ツールを使用することは非常に重要です。ツールを利用することで、OKRの設定、追跡、進捗の可視化、コミュニケーションの円滑化など、多くのメリットが得られます。ツールを使うことで、従業員は目標に焦点を合わせ、進捗をリアルタイムで確認でき、組織全体が協力しやすくなります。さらに、データの蓄積や分析、達成状況の報告が容易に行え、戦略的な意思決定をサポートします。総じて、OKRツールは組織の目標設定と達成において貴重なツールと言えます。




OKRの管理ツール

 

以下のツールはOKRのおすすめツールです。設定、進捗の追跡、評価を可能にします。 Lark:ビジネス向けのコラボレーションプラットフォームです。チャット、ビデオ会議、ファイル共有、プロジェクト管理、カレンダー、タスク管理など、さまざまなビジネスコミュニケーションと生産性向上のツールを統合したソフトウェアです。Larkは、クラウドベースのサービスで、従来のビジネスコミュニケーションツールを1つにまとめ、スムーズなコラボレーションを可能にします。


Trello: プロジェクト管理やタスク管理のためのオンラインツールです。主にカードとボードという視覚的な要素を活用してタスクの追跡と共有を行うことができます。Trelloは、個人やチームがタスクの進捗状況を迅速に把握し、プロジェクトの進行を円滑に管理するのに役立ちます。

Asana:プロジェクト管理やタスク管理のためのオンラインツールです。主にカードとボードという視覚的な要素を活用してタスクの追跡と共有を行うことができます。Trelloは、個人やチームがタスクの進捗状況を迅速に把握し、プロジェクトの進行を円滑に管理するのに役立ちます。




まとめ

 

グローバルなトップ企業は、OKRを積極的に採用しています。

  • OKRとはOKRは明確なビジョンと方向性を提供するための優れたツールです。組織全体にとって共通の目標を設定し、達成度を定量的に評価することができます。これにより、社内での課題の理解が深まり、戦略の実行が向上します。

  • OKRは成果に焦点を当てるため、企業は何を達成すべきかを明確に把握し、進捗を定期的に評価できます。この成果指向のアプローチは、企業の成功に不可欠です。さらに、OKRは透明性と共有を促進します。組織内で目標と進捗を共有することで、社内コミュニケーションが円滑化し、チームの協力が増加します。

  • OKRは個人とチームにも自己組織化と自己責任をもたらします。各人が自身のOKRを設定し、それに向かって努力することで、自己効力感が高まり、成果を上げやすくなります。さらに、OKRは戦略的な柔軟性を提供します。長期的なビジョンと短期的な成果を両立させるため、瞬時の市場変化に適応する能力を高めます。




閲覧数:0回

最新記事

すべて表示
screenshot-20240111-095026 (1).png
bottom of page