top of page

デジタル化を促進:ブランドの競争力を高めて世界へ| Lark



Lark代理店のカスタマークラウドです。

今回はLarkが公開している動画をご紹介させていただきます。

 

今日は、HipandaがLarkを導入し、ファッションブランドを発展させる方法についてお話しします。



Hipandaとは?

 

Hipandaは、ストリートウェア商品を取り扱っているブランドで、スケーター商品を筆頭に、幅広いアイテムとカラーバリエーションを提供しています。若いファッション愛好者から根強い支持を受けており、全世界に約50店舗、卸先を含めると約200店舗展開しています。




Lark導入で悩みを解決

 

以前、当社では勤怠管理からGoogle、Zoomなどさまざまなツールを使用していました。しかし、これらのツールには費用がかかり、手間もかかるという課題がありました。そこで、Larkを導入することで、これらの課題を解決し、大変便利に業務を進めることができるようになりました。


Larkを使用することで、スマートフォンからでも簡単に操作でき、出先でも商品などを確認できるようになりました。突然の質問やお客様からの問い合わせにも迅速に対応でき、大変助かっています。

特にLarkの「Wikiマニュアル」は、就業規則や社員全員が確認する必要のある情報を一元管理できる便利なツールです。社員全員が同じ情報を確認できるため、効率的な情報共有が可能です。


さらに、公式アカウントでのお知らせやイベント情報もLarkを通じて社員全員にシェアし、情報の共有をスムーズに行っています。


デジタル化を進化させ、在庫管理を正確に行い、顧客の要望に応えながら、Hipandaブランドを世界に発信していくため、Larkの活用を通じて競争力を高めていきます。ますます成長するHipandaをお楽しみに。

閲覧数:0回

最新記事

すべて表示
screenshot-20240111-095026 (1).png
bottom of page