top of page

AnyCrossの活用事例:承認 + カレンダーで勤怠管理をラクにしよう


まずは動画をご覧ください




休暇申請の際に、こういう悩みはありませんか?

 

休暇申請時には、オペレーションにおける不便さや煩雑さを感じたことはありませんか?多くの企業では現在、紙での申請書記入と集計をしており、それを直属の上司や人事部へ提出するプロセスが一般的でした。この手続きは、記入ミスや紙の紛失、申請書の行き違いなどのリスクが潜んでいます。また、申請の承認フローが複数の段階を経る場合、その都度紙の申請書を持ち歩かなければならないことが多く、非常に手間がかかる上、承認の進捗をタイムリーに把握することも一苦労です。さらに、承認後の管理も課題の一つとして挙げられます。従業員の休暇情報を一元的に管理するためのシステムがなければ、誰がいつ休暇を取得したのかを確認するのが難しくなり、休暇中の引き継ぎ先や対応窓口が特定できないため、業務の遅延などの支障が来されてしまいます。これらの課題点は、全体業務管理効率性や従業員のモチベーションの低下につながる可能性まであると言われています。



AnyCrossについてのおさらい

 

AnyCrossは、LarkのノーコードAPI連携プラットフォームです。このプラットフォームを使用することで、ユーザーはプログラムの知識がなくても、Larkの様々な機能を他のアプリケーションやサービスと連携することができます。

AnyCrossの利用方法は非常に簡単です。まず、ユーザーはAnyCrossのウェブサイトにアクセスし、Larkアカウントにログインします。次に、連携したいアプリケーションやサービスを選択し、必要な設定を簡単に行い、連携を有効にすると、設定した内容に基づいて、自動的に連携が行われます。



気になるその連携方法は実はとてもシンプル

 

AnyCrossなら、難しいコーディングやシステムインテグレションが必要なく、ワンクリックで連携は全てLark内で完結します。




Lark承認 + カレンダー連携によって得られる具体的な効果

 
  1. 従業員の休暇申請時の利便性向上:Larkの承認機能を使用すれば、休暇申請のプロセスが大幅に簡素化されます。従業員は煩雑な申請書類と手続きをせず、Lark内で簡単に申請が一元にできるようになります。AnyCrossを利用しカレンダーと連携させることで、申請の承認状況をリアルタイムで確認できるだけでなく、承認後休暇日が即座にチームカレンダーに反映されるため、休暇中の引き継ぎ先やタスクを効率的に関係者との事前共有もでき、業務遅延の発生などのリスクを有効に回避できます。

  2. 管理者層の勤怠管理の効率向上:管理者や人事担当者は、従業員の休暇申請をリアルタイムで一目で確認できるため、全体の勤怠管理を効率的に行うことができます。また、承認フローも自動化され、手動でのデータ入力や確認作業が大幅に削減されるため、従来承認作業に費やしてきた膨大な時間をその他の業務に割くことが可能となり、生産性の向上も実現可能です。

  3. チーム及び会社全体のコミュニケーションの円滑化:休暇申請がカレンダーに自動的に反映されることで、他のチームメンバーや部署間でのコミュニケーションが円滑になります。特に、共同プロジェクトや会議のスケジューリング時に、誰がいつ休暇をとるのかを瞬時に確認できることは、業務の進行をスムーズに進める上で非常に有益です。



まとめ

 

LarkのAnyCrossというノーコードのAPI連携プラットフォームの導入は、経営層が直面する労務管理の課題を効率的に解決する道を提供しています。従業員の利便性向上、管理効率の向上、そして全社的なコミュニケーションの円滑化。これらは現代のビジネス環境において、企業がより柔軟かつ迅速に業務を遂行するための鍵となる要素です。Lark AnyCrossの連携機能で、よりスムーズかつスマートなビジネスの推進を、あなたも早速初めてみませんか。



閲覧数:1回

最新記事

すべて表示
screenshot-20240111-095026 (1).png
bottom of page