top of page

「これでわかる」Larkビジネスメールの活用法

メールは現代ビジネスの基盤です。しかし、メール管理の非効率さやセキュリティの問題は、多くのビジネスパーソンにとって悩みの種です。この課題に革新的な解決策を提示してくれるのが、Larkの最新ビジネスメール機能です。


既存メール製品の問題点は?

 

現代のビジネス環境において、メールはコミュニケーションの重要な一部となっています。しかし、日本国内で一般的に使用されているメール製品には、最適化されていない部分が存在しています。

特に、ファイル共有の不即時性は大きな問題です。多くのメールシステムでは、ファイルの添付と共有が非効率で、受信者がファイルをダウンロードし、開いて確認するまでに時間がかかります。これにより、スピーディな情報共有や迅速な意思決定が妨げられます。 また、ビジネスメールの送信では、自分自身をccやbccに入れることで、送信したメールの記録を保持することが一般的です。しかし、これは意外と面倒な作業。特に、急いでいる時などは、つい忘れがちになります。

さらに、メールの処理状態が一目でわからないことも問題です。どのメールに返信したか、どのメールをまだ処理していないかなど、メールの状態を追跡しにくいのです。これにより、同じメールに対する重複した対応や、重要なメールの見落としなど、ミスの原因となりがちです。

これらの問題点は、日本のビジネスシーンにおいて、メールの効率性を低下させ、生産性の損失を招いている現状があります。より効率的で、使いやすいメールシステムへの改善が求められています。



Larkビジネスメールの特徴は?

 

Larkは、上記課題点を解決すべく、メール機能をさらにアップデートしパワーアップさせました。実際の機能について見てみましょう。


直接添付資料への権限付与

第一に、直接添付資料への権限付与機能は、ファイル共有の不即時性の問題を克服します。これにより、メール経由で送られるドキュメントやファイルに対して、送信者がリアルタイムで閲覧や編集の権限を設定できるようになります。受信者は、メールを開くことなく、即座に最新のファイルにアクセス可能になります。また、メール到着と同時にファイルを直接開き、編集やコメントの追加も可能なため、メールのやり取りを最小限に抑え、より迅速なコミュニケーションが実現します。これにより、プロジェクトの遅延を防ぎ、スムーズなコラボレーションが可能になります。


送信者自身の自動的cc/bcc追加

Larkビジネスメールの送信者の自動的cc/bcc追加機能は、自分自身をメールの受信者リストに簡単に追加することで、通信の追跡を容易にします。これは、特に複数のプロジェクトやチーム間のコミュニケーションで役立ちます。従来のメールシステムでは、自己確認のために送信済みメールを確認したり、自分宛にもコピーを送る必要がありましたが、この新機能により自動的にccまたはbccに自分のアドレスが追加されるため、その手間が省けます。これにより、メール管理の手間が軽減され、コミュニケーションの効率が向上します。さらに、送信したメールの追跡が容易になることで、情報の整理や後の参照が容易になり、全体の作業効率が高まります。


返信済みマークの追加

最後に、返信済みマークの追加は、メール処理状態の可視化を実現し、メール管理の効率化に寄与します。これにより、ユーザーはどのメールが未処理でどれが返信済みかを一目で確認できます。この機能によって、重複対応や重要メールの見逃しを防ぎ、より効率的なメール管理を実現します。結果として、作業の生産性が向上し、ビジネス運営がよりスムーズになることが期待されます。



最後に

 

これらの新機能を通じて、Larkのビジネスメールは日本のビジネスコミュニケーションの課題に対応し、生産性の向上と作業効率の改善を図ることができます。ユーザー側にもたらされるメリットは、迅速かつ正確な情報共有の実現、作業の簡略化、そしてストレスの軽減など、ビジネス運営全体の質の向上につながることでしょう。



閲覧数:0回

最新記事

すべて表示
screenshot-20240111-095026 (1).png
bottom of page