top of page

会議中のもどかしさを解消するマジックシェア機能

ここ数年、すっかり定着したビデオ会議ですが、会議中に共有される資料を「自分のペースで閲覧したい」「内容を今すぐ修正したい」などと思ったことはないでしょうか?

本記事では、会議中に起こる課題や一般的なあるある事例に焦点を当て、Larkのマジックシェア機能がこれらの問題をどのように解決するかについてご紹介します。



ビデオ会議中のあるある

 

ビデオ会議は現代のビジネスコミュニケーションにおいて不可欠なツールとなりましたが、資料共有に関する課題は、多くの組織で共通しています。

1.進行者優位の資料閲覧


ビデオ会議中、共有された資料は、参加者全員が進行者のペースで同時に閲覧することが多く、理解度の違いによって、資料の内容が見落とされることがあります。これは会議の効率性に悪影響を与えます。

2. 資料へのアクセス制限

共有された資料を閲覧または編集するために、特定のソフトウェアやツールのインストールが必要だったり、フォルダ権限の開放が伴ったりする場合、協力が妨げられることがあります。また、会議と同時進行で資料を編集するのが難しいことが多く、結局修正漏れが発生することも多いでしょう。

3. バージョン管理の難しさ

資料を多くの人が同時に編集する場合、どの資料が最新なのか、今使っているのはどのバージョンなのか、混乱が発生しやすく、正確な情報の追跡が難しくなります。共有されている資料がどれなのか分からない場合、フォルダから探し出すことも困難です。 さらに、個々がデスクトップに保存している資料を使っている場合は、なおさらです。これにより、誤った情報が広まる可能性があります。



Larkのマジックシェア機能で解決する方法

 

Larkのマジックシェア機能は、これらの問題を効果的に解決するために設計されているので、会議中のもどかしさから解放されます。



1. 各人のペースで閲覧可能


マジックシェアを使用すると、会議画面上に共有された資料を参加者が自分のペースで自由に閲覧できます。これにより、会議中の誰もが資料に十分に焦点を当て、理解できます。


2. リアルタイム共同編集


マジックシェアを使用すると、複数の参加者が同時に資料を編集できます。また、会議の画面上から直接編集もできるので、わざわざブラウザに切り替える必要もなく、進行内容に合わせて情報をアップデートができるので効率的です。




Larkなら、すべての業務がオールインワンに!

 

Larkのマジックシェア機能は、会議中の共有資料のもどかしさを解消するためのパワフルなツールです。同時非同期閲覧、リアルタイム共同編集など、多くの利点があります。これにより、会議の効率が向上し、業務改善やDX推進をサポートします。 また、「Lark」は、ビデオ会議だけでなくあらゆる業務に必要なものがオールインワンで備わっています。 チャットを起点に、カレンダー、タスク管理、文書作成、ビデオ会議、プロジェクト管理、データ分析など、あらゆる業務機能が一元化され、効率的なコラボレーションを実現します。



閲覧数:0回

最新記事

すべて表示
screenshot-20240111-095026 (1).png
bottom of page