top of page

【Lark打刻機能革命】柔軟な働き方で満足度を高める


現在の日本では、従業員の打刻に対して対応が不十分です。従業員の勤務パターンが多様化している今日、シフト作成の柔軟性がますます重要視されています。しかし、既存の多くのツールや機能はこの新たなニーズに適切に対応しておらず、特に法定休日の管理においては不明瞭さが問題となっています。また、勤務時間の柔軟性を提供するフレックスタイムシフトに対するサポートも不足しており、従業員のワークライフバランスの実現が難しくなっています。これらの課題は、従業員の満足度を低下させ、組織全体の生産性に悪影響を及ぼす可能性があります。



そんな問題を解決できるのがLarkの打刻機能。シフトの柔軟性向上、法定休日管理、そしてフレックスタイムの設定など、従業員と企業双方にとって満足度の高い機能が豊富に備わっています。



Larkの打刻機能とは?

 

1.週ごとにシフト作成可能



Larkでは、月ごとだけでなく週ごとにもシフトを作成できるようになり、実際のニーズに合わせて柔軟にシフトを調整できます。これにより、従業員は自分のスケジュールを事前に把握し、必要に応じて調整できる便益を享受できます。週単位のシフト作成は、従業員が自分の時間を効果的に管理し、プライベートとの調和を実現するのに役立ちます。



2.法定休日の管理可能



法定休日を考慮したシフト管理は、法規制への適合だけでなく、従業員の権利保護の観点からも非常に重要です。Larkの打刻機能には勤怠管理コンソールが組み込まれており、法定休日を一元管理できます。国ごとの法定休日を正確に追跡し、これをシフト作成に組み込むことができます。法定休日や祝日をシフトに反映させることで、企業は法律違反のリスクを格段に抑えることができます。



3.フレックスタイムシフト設定可能



現代の労働市場では、柔軟な働き方がますます重要性を増しています。Larkの打刻機能は、フレックスタイムタイプのシフトを設定する際に、遅刻、早退、大幅な遅刻に関するルールを設定できるようになりました。従業員は事前にフレックスタイムシフトの設定を行うことで、遅刻や早退が予想されるシナリオに柔軟に対応できるため、毎回の手動打刻が不要となります。



シフト調整の自由度、法定休日管理のクリアな指針、フレックスタイム対応といった制度は従業員が働く上で大きなメリットとなります。そういった自由に働ける環境は従業員のストレス軽減にもなりますし、集中力向上にも大きく繋がってきます。また、企業が協力的になることで離職率も下げる事ができますし、経営者の負担もかなり抑える事ができます。



ぜひLarkの打刻機能を活用して柔軟な会社を目指しましょう。





閲覧数:0回

最新記事

すべて表示
screenshot-20240111-095026 (1).png
bottom of page