top of page

【新機能】LarkBaseワークフローの進化


常にアップデートをし続けるLarkのBase新機能を紹介します。


1.ワークフローがパワーアップ


自動化ワークフローにより、テーブルのデータからLarkの予定を簡単に生成できるようになりました。また、グループへの招待もワンクリックで実行可能です。これにより、手作業の繰り返しを排除し、情報共有を迅速化できます。




2.ダッシュボードがコピー可能に


ワンクリックでダッシュボードを複製することができるようになりました。既存のダッシュボードをベースにして、新しいダッシュボードを簡単に作成できます。




3.グループフィールド


新しいグループフィールドが導入されました。これにより、クリック一つでグループを開いたり、参加したりできるようになりました。さらに、複数のグループを入力して保存することも可能です。




4.複数選択項目の集計


ダッシュボードで複数の選択フィールドを選択すると、各項目ごとの集計が実行できるようになりました。これにより、データ解析ツールとしての機能が大幅に拡張され、より多くの情報を取り扱うことが可能です。



5.ビュー単独での共有


ビューごとの個別共有が実現しました。希望するビューを選んで共有することで、Base内の情報を特定の項目に絞って公開できます。共有の対象は法人内部メンバーだけでなく、インターネット全体にも選択肢が広がりました。




6.スコアフィールド


新しいフィールドタイプとして、各レコードに素早く評価を付ける「スコア」フィールドが導入されました。これを活用することで、満足度調査やフィードバック収集などのシーンで効果的な情報収集が可能です。




7.ボタンからレコードを編集


自動化ワークフローから送信されたLarkメッセージの最後に配置されたボタンをクリックすることで、Baseのレコードを追加または編集できるようになりました。





8.数式エディターがアップデート


数式エディターの使いやすさが大幅に向上し、フォーマットの最適化機能が導入され、より詳細なエラーメッセージが提供されるようになりました。












閲覧数:2回

最新記事

すべて表示
screenshot-20240111-095026 (1).png
bottom of page