top of page

「これでわかる」便利なLark打刻機能


Lark打刻機能革命:シフト調整の柔軟性向上から法定休日管理、フレックスタイム設定まで、従業員と企業が共に喜ぶ機能満載。生産性と満足度を高めるLarkのアプローチで、働き方はもっと自由に、もっと賢く。



こういった経験、ありませんか?

 

現在の日本市場における多くの打刻機能には、致命的な弱点が見受けられます。従業員の勤務パターンの多様化に伴い、シフト作成の柔軟性が強く求められる一方で、多くの機能はこのニーズに応えきれていません。また、法定休日の管理についても、その取り扱いの不明瞭さが管理者の負担を増大させ、結果として従業員の休暇取得にも混乱を招いています。さらに、勤務時間の柔軟な調整を可能にするフレックスタイムシフトに対するサポートが不足しているため、従業員のワークライフバランスの実現が困難となっています。これらの問題は、従業員の満足度を低下させ、組織全体の生産性への悪影響を及ぼしかねません。 打刻機能は勤務管理の最前線ツールとして、従業員のニーズに細かく応える機能の提供が求められており、従来の機能がこの点で不十分であることが、企業の課題として顕著になっています。このギャップを埋めるべく、Larkの打刻機能はシフト調整の自由度、法定休日管理のクリアな指針、フレックスタイム対応といった機能を前面に打ち出し、これらの課題への解決策を提案しています。



Larkならではの解決法とは?

 

機能特徴1: 週ごとにシフト作成可能(デスク版)



従業員が私生活と仕事のバランスを取ることは、生産性の向上に直結します。Larkは、月ごとにシフトを作成するだけでなく、週ごとにシフトを組めるようになりました。実際のニーズに応じて柔軟にシフトを編集できます。これにより、従業員は自分のスケジュールを事前に把握し、必要に応じて調整を行うことが可能となります。週ごとのシフト作成は、従業員が自分の時間をより有効に管理することを可能にし、プライベートとの調和を図ることができます。特に変動や突発的なシフト変更が多い小売業や飲食業などにとって、これは従業員満足度の向上に寄与し、結果として離職率の低下にもつながります。



機能特徴2: 法定休日の管理可能



法定休日を考慮したシフト管理は、法規制遵守だけでなく、従業員の権利保護の観点からも非常に重要です。Larkの打刻機能には勤怠管理コンソールが実装されており、法定休日を一括で管理できるようになりました。国ごとの法定休日をもれなく管理し、これをシフト作成に組み込むことができます。法定休日や祝日をシフトに反映させることで、企業は法律違反のリスクを低減できます。また、従業員は自分の権利が守られていると感じることで、企業への信頼を深めることができます。また、法定休日に勤務した場合の処理や休日出勤の管理などへの対応の正確性も上がり、人事や給与計算担当への負担の減少も期待できます。



機能特徴3: フレックスタイムシフト設定可能



現代の労働市場では、フレキシブルな働き方がますます重要になっています。Larkの打刻機能は、フレックスタイムタイプのシフトを設定する際、遅刻、早退、大幅な遅刻 のルールを設定できるようになりました。従業員は事前にフレックスタイムシフトの設定を行うことで、遅刻や早退があらかじめ予想されるシナリオにも柔軟に対応可能となり、毎回の手動打刻が不要になります。これにより、従業員はルーチンの打刻作業にかける時間とエネルギーを本来の業務に集中することができるようになります。結果として、従業員は自分の最も効率的な時間に仕事に取り組むことが可能となり、個人の生産性だけでなく、組織全体の効率も大幅に向上します。




最後に

 

Larkの打刻機能は、これらの機能を通じて、労働市場の古い常識に挑み、新しい働き方の標準を作り出そうとしています。柔軟なシフト作成から法定休日の遵守、フレックスタイムの積極的な活用まで、Larkは従業員の満足度を高め、企業の生産性を向上させるための強力なツールとなるでしょう。 働くことの意味は、単に仕事をこなすことだけではありません。Lark打刻機能は、働くという行為がもたらす潜在的な価値を最大化し、従業員一人ひとりがその能力を存分に発揮できるようサポートしています。市場における既存の機能と比較したとき、Larkが提供する独自の機能セットは、企業と従業員双方にとってのゲームチェンジャーであることは間違いありません。



閲覧数:0回

最新記事

すべて表示
screenshot-20240111-095026 (1).png
bottom of page