top of page

Docs・ドキュメントの使い方- Docsテンプレートの使用方法| Lark



Lark代理店のカスタマークラウドです。

今回はLarkが公開している動画をご紹介させていただきます。

 

Larkへようこそ!この動画では、Larkのテンプレート機能について詳しくご紹介します。テンプレートは企画書、日報、疑似録など、様々な文書のフォーマットを指します。テンプレートを活用することで、定型文書の作成が簡単になり、効率が向上します。テンプレートを利用するには、以下の3つの方法があります。



1. ホーム画面からテンプレートを選ぶ

 

DXのホーム画面で右上にある「テンプレート」ボタンをクリックすると、テンプレートの一覧が表示されます。選んだテンプレートを編集して使用できます。


2. 新規作成からテンプレートを選ぶ

 

ホーム画面から「新規作成」ボタンをクリックし、作成したいドキュメントの種類を選択すると、各種類のテンプレートが表示されます。選んだテンプレートを利用して新しい文書を作成できます。



3. ドキュメントを新規作成からテンプレートを選ぶ

 

DXのホーム画面で「ドキュメントを新規作成」ボタンをクリックし、ドキュメントの種類を選択すると、おすすめのテンプレートが表示されます。キーワード検索も活用して、自分に合ったテンプレートを見つけましょう。


Larkでは、さまざまな場面に使えるテンプレートを提供しています。全てのタイプをチェックすると、必要に応じてドキュメント、シート、ベース、またはマインドノートなど、異なるタイプのテンプレートを選択できます。また、テンプレートのタイトルにはアイコンが付いているため、一目でテンプレートのタイプを識別できます。


テンプレートを選ぶ際には、検索欄にキーワードを入力して目的のテンプレートを見つけることもできます。テンプレートにカーソルを合わせると、プレビューのボタンが表示され、内容を確認してから選択できます。


テンプレートを他のメンバーと共有したい場合は、右上のメニューボタンをクリックし、「共有」を選びましょう。共有されたメンバーは、簡単にテンプレートを使用できます。

もし希望のテンプレートが見つからない場合は、一番下の「フィードバック」をクリックして、新しいテンプレートの提案をラークに送信しましょう。




また、ドキュメントの編集画面の右上のメニューボタンから、「テンプレートに変換」を選択することで、編集中のドキュメントを自分のテンプレートとして追加することもできます。


Larkのテンプレート機能を活用して、未来の働き方を楽しみましょう!この動画についてのご意見や質問があれば、どんどんお知らせください。あなたのフィードバックをお待ちしています。


閲覧数:0回

最新記事

すべて表示
screenshot-20240111-095026 (1).png
bottom of page