top of page

シートの使い方- シートでデータを管理する方法| Lark



Lark代理店のカスタマークラウドです。

今回はLarkが公開している動画をご紹介させていただきます。

 

Larkへようこそ!複数のスプレッドシートの間でデータを管理することは非常に困難な場合がありますが、Larkシートを使えばデータ整理と表示が効率的に行えます。このビデオでは、Larkシートの使い方について詳しく説明します。

1. カテゴリ別にデータを整理

 

Larkシートでは、データをカテゴリ別に整理することができます。各列にデータの項目名を付けることで、データを簡単に整理できます。データ整理の前に、セルの結合がデータ処理に影響を与える可能性があるため、データ入力を完了しましょう。

2. データの並べ替え

 

列を選択し、ツールバーから「並べ替え」をクリックすると、列を指定の順序によって並べ替えることができます。特定の条件に従ってデータを並べ替えたい場合は、列のフィルタ条件を設定できます。また、重複する値をハイライト表示することも可能です。

3. データのカスタマイズ

 

データを自分やチームに合わせてカスタマイズしたい場合は、プルダウンリストを利用し、列に入力オプションの内容を設定できます。

4. グラフの作成

 

データを視覚的に表示したい場合は、グラフを作成しましょう。データを選択し、ツールバーの「挿入」からグラフをクリックすると、グラフが自動的に生成されます。必要に応じてグラフの種類や設定をカスタマイズできます。グラフは画像として保存でき、オフラインで作業したり、添付ファイルとして送信したりできます。

5. シートのカスタマイズとエクスポート

 

セルの結合やテーブルレイアウトの設定を使用して、シートを整理しやすくカスタマイズできます。さらに、シートをExcelまたはCSV形式でエクスポートしてオフラインで作業することも可能です。



Larkシートの詳細については、ヘルプセンターでシートに関する情報を検索してみてください。このビデオについてのご意見や質問があれば、ぜひお知らせください。Larkシートを活用して、データ管理をスムーズに行いましょう!


閲覧数:0回

最新記事

すべて表示
screenshot-20240111-095026 (1).png
bottom of page