top of page

自動チェックイン機:2024年、販売チャンス到来!

更新日:4月3日


自動チェックイン機

自動チェックイン機市場は、デジタル化と自動化が進む現代において、その重要性を急速に高めています。ホテル、航空会社、病院、商業施設など、さまざまなセクターでの非接触サービスへの需要増加が、この市場の拡大を牽引しています。特にホテルを含む宿泊業をターゲットにしているメーカー、販売店にとって2024年は大きな販売のチャンスとなる年になるはずです。

その大きな要素は政策的な後押しであり、本記事には補助金の内容を含む自動チェックイン業界全体の動向を記載します。



自動チェックイン機


中小企業省力化投資補助金

無料カタログ登録サポート


詳しくはこちらから


中小企業省力化投資補助金 省力化製品 カタログ登録


目次




技術革新と製品開発:自動チェックイン機市場の未来


自動チェックイン機市場は、技術革新の波に乗り、急速に進化しています。メーカーと販売店にとって、最新技術の採用と製品のカスタマイズ性は、市場での競争力を高め、顧客の期待に応えるための重要な要素です。以下に、自動チェックイン機に応用される最新技術と、製品開発におけるカスタマイズの重要性を掘り下げます。




最新技術とその応用
 
  • タッチレス操作: パンデミックを契機に、触れずに操作できるタッチレス技術への需要が高まっています。自動チェックイン機においても、タッチレス技術は衛生面での安全性を提供するとともに、利便性を向上させます。例えば、近接センサーを用いたジェスチャー操作や、音声認識技術を活用することで、ユーザーは機器に触れることなくチェックインプロセスを完了できます。

  • 顔認証技術: 高度なセキュリティと迅速なチェックインを可能にする顔認証技術の導入が進んでいます。顔認証により、利用者は身分証明書を提示することなく、安全かつスピーディに認証を受けることができます。この技術は、特にホテルや空港など、セキュリティが重視される場所での導入が期待されます。



  • 連携アプリケーション: スマートフォンアプリと自動チェックイン機の連携は、利用者にとってさらなる便利さを提供します。事前にアプリでチェックイン手続きを行い、QRコードやデジタルキーを受け取ることで、現地での手続きを簡素化し、待ち時間を削減できます。また、アプリを通じて宿泊予約やフライト情報の確認、サービスの追加予約など、幅広いサービスを一元管理できる利点もあります。


自動チェックイン機 顔認証



カスタマイズ可能性の重要性
 

自動チェックイン機を導入する各業界や施設には、独自のニーズがあります。メーカーは、これらの特定のニーズに応えるために、製品のカスタマイズオプションを提供する必要があります。カスタマイズは、ハードウェアの設計からソフトウェアのインターフェース、利用可能な機能まで、幅広い範囲に及びます。




自動チェックイン機のターゲット市場規模と市場動向

イメージ画像

自動チェックイン機の市場規模はデジタル化の推進、非接触技術への移行の加速、そして顧客体験の向上への注力が要因となり市場が拡大している分野です。市場規模は世界的に見ても、宿泊業界、交通機関、イベント会場など人が出入りする分野において自動チェックイン機の採用が進んでおり、今後数年間でさらなる市場成長が予測されています。


宿泊業界:

  • グローバル市場規模: 2023年に約100億米ドル、2028年には約150億米ドルに達すると予測 (CAGR: 8.1%)

  • アジア太平洋地域: 2023年に約35億米ドル、2028年には約55億米ドルに達すると予測 (CAGR: 9.2%)

  • 中小規模ホテル: 市場全体の約80%を占め、自動チェックイン機の導入率は低い



交通機関:

  • グローバル市場規模: 2023年に約50億米ドル、2028年には約75億米ドルに達すると予測(CAGR: 9.0%)

  • 空港: 自動チェックイン機導入率が最も高い

  • 鉄道駅: 自動改札機との連携が進む

イベント会場:

  • グローバル市場規模: 2023年に約20億米ドル、2028年には約30億米ドルに達すると予測 (CAGR: 8.0%)

  • 大規模イベント: 自動チェックイン機の導入率は高い

  • 非接触化ニーズの高まり




市場動向
 

世界地図

非接触化ニーズの高まり:

  • コロナ禍の影響で、人との接触を避けたいというニーズが急速に高まっている

  • 自動チェックイン機は、非接触化への最適なソリューションとして注目されている


人手不足:

  • 人手不足が深刻化しており、企業は人件費削減への圧力が高まっている

  • 自動チェックイン機は、受付業務を自動化することで、人件費を大幅に削減できる


政府による補助金拡充:

  • 政府は、中小企業のデジタル化推進を目的として、自動チェックイン機導入を支援する補助金制度を拡充している

  • 最大50%の補助を受けられる制度もあり、導入コストを抑えられる


技術革新:

  • 顔認証、生体認証などの技術革新により、自動チェックイン機の機能が進化している

  • よりスムーズで便利なチェックイン体験を提供できる




補助金の拡充と活用


上記のように技術革新が日本の少子高齢化への課題解決として適していることが政府も把握しており、2024年に新たな補助金制度を制定しました。この補助金が中小企業省力化投資補助金という名称で人手不足に悩む中小企業者を支援することを目的としています。


これにより、自動チェックイン機の導入を検討している事業者にとって、コストの大幅な軽減が期待できます。ここでは、主要な補助金制度と、それらを活用するための具体的な手順について解説します。



主な補助金制度
 

  • 中小企業省力化投資補助金: 新設されたこの補助金は、中小企業が人手不足を解消するための汎用製品の購入をサポートします。予算規模は大型で5,000億円と設定されており、採択率の高さが魅力です。特に、メーカーは販売促進のために製品を事前にカテゴリー登録する必要があります。

  • ものづくり補助金: 技術革新や生産性向上に寄与する設備投資をサポートするための補助金です。

  • 小規模事業者持続化補助金: 主に小規模事業者(宿泊業の場合従業員が20名以下)の経営の持続化と強化を目的とした補助金で、特定の改善活動や設備投資に利用できます。




中小企業省力化投資補助金の詳細と活用方法
 

補助額と補助率: 補助金には、事業規模に応じた補助率と補助上限額が設定されています。例えば、「中小企業省力化投資補助金」では、従業員数に応じて、補助率1/2以下で、最大1,000万円(賃上げを行う場合は1,500万円)までの補助が可能です。

従業員数

補助率

補助上限額 (事業者が大幅な賃上げを行う場合)

5人以下

1/2以下

200万円 (300万円)

6~20人以下

1/2以下

500万円以下 (750万円)

21人以上

1/2以下

1,000万円以下 (1,500万円)


  • 製品登録のプロセス: メーカーは、補助金対象製品として自社の自動チェックイン機を登録する必要があります。この登録を行うことで、製品が補助金の対象として認定され、後に公開されるカタログに製品が掲載されます。このカタログを購入希望者が選択を行い、販売に繋がります。

  • 補助金申請の流れ: 購入希望者は、カテゴリー登録された製品を選択し、補助金申請のための必要書類を準備します。各種書類を提出し、審査期間(1ヵ月~)を経て採択された事業者が製品を購入する流れとなります。





メーカーと販売店が取るべきアクション
 

  1. 製品のカテゴリー登録: 新しい補助金制度においては、製品の事前登録が重要です。メーカーは、自社製品が補助金の対象となるよう積極的に登録を行いましょう。

  2. 情報提供とサポート: 販売店は、補助金制度の詳細や申請方法に関する情報を顧客に提供し、申請プロセスでのサポートを行うことが重要です。これにより、顧客の補助金利用を促進し、販売機会を拡大できます。



この補助金の制定により、自動チェックイン機市場が大きく成長するきっかけとなります。今回は数百種類のカテゴリー登録が想定される中小企業省力化投資補助金において、自動チェックイン機は初めの7カテゴリーに選定されていることからもメーカーと販売店は、これらの補助金制度を最大限に活用し、市場拡大と事業成長を期待されています。




まとめ:自動チェックイン機市場の展望と機会

自動チェックイン機市場は、技術の進歩と社会の変化により、今後も大きな成長が見込まれる分野です。特に2024年は、新しい補助金制度の導入により、市場拡大の大きなチャンスが訪れると期待されています。この記事では、市場の現状、技術革新、補助金制度の拡充というキーポイントに焦点を当て、メーカーと販売店が取るべき戦略的アプローチを探りました。




市場成長の背景
 

  • 非接触技術への需要の増加、顧客体験の向上への注力、効率化とコスト削減へのニーズが、市場の成長を加速しています。

  • 技術革新、特にタッチレス操作や顔認証技術の進化は、自動チェックイン機の機能性とアクセシビリティを大きく向上させています。




補助金制度の活用
 


二人のビジネスマン

  • 「中小企業省力化投資補助金」をはじめとする補助金制度は、メーカーと販売店にとって販売促進の大きなチャンスです。補助金を活用することで、導入コストの軽減が見込め、中小企業における自動チェックイン機の普及が進むことが期待されます。

  • 補助金の申請プロセスやカテゴリー登録の手続きに関する情報提供とサポートは、顧客の補助金活用を促進する上で重要です。



当社ではメーカー、販売店とタッグを組み、補助金制度活用の支援を中小企業等に向けて行っております。

今回紹介した新たな補助金「中小企業省力化投資補助金」はメーカー販売店が事前に製品を登録するための審査を通す必要があり、通った後は購入希望者と共同で補助金の申請を行う必要があります。当社はこの双方で支援を行っています。

現在、自動チェックイン機以外のカテゴリーで自動倉庫、自動精算機等の分野の支援も開始しています。



中小企業省力化投資補助金

無料相談はこちらから






中小企業省力化投資補助金

無料カタログ登録サポート


人手不足をチャンスに!売上アップ&生産性向上は「省力化投資補助金」で!


省力化対象製品のメーカー・販売事業者の皆様、事前のカタログ登録はお済みですか?

このチャンスを逃すことのないよう、お早めにご相談ください。


詳しくはこちらから



中小企業省力化投資補助金 省力化製品 カタログ登録



参考記事


Comments


bottom of page