top of page

【販売店向け】自動精算機、販売増加の大きな転換期。:省力化投資補助金の活用法

更新日:4月3日


自動生産機

2024年、日本の経済界は、革新的なテクノロジーの採用を通じて、深刻化する人手不足の課題に立ち向かう道を模索しています。この中で、特に注目を集めるのが自動精算機の導入です。自動精算機は、販売時やサービス提供時の支払い処理を自動化する装置であり、顧客満足度の向上はもちろんのこと、業務効率化にも大きく貢献します。

本記事は自動精算機を販売される方向けの記事であり、自動精算機の販売台数増加の機会情報を提供しています。


中小企業省力化投資補助金

無料カタログ登録サポート


詳しくはこちらから



中小企業省力化投資補助金 省力化製品 カタログ登録


目次




自動精算機とは


自動精算機

自動精算機は、現金や各種電子マネー、クレジットカードなどを利用して、商品やサービスの代金を支払うことができる機械です。



従来のレジと比べて、以下のような特徴があります。


非接触化:

  • 現金や紙幣の受け渡しを必要とせず、衛生的に利用できる。

  • コロナ禍の影響で、非接触化へのニーズが高まっている。

人手不足:

  • レジ業務を自動化することで、人件費を削減できる。

  • 人手不足が深刻化する中、企業にとって重要な課題となっている。

業務効率化:

  • 会計処理を自動化することで、待ち時間を短縮できる。

  • 顧客満足度向上につながる。

データ分析:

  • 購入履歴などのデータを収集・分析することで、マーケティング戦略の強化に役立つ。

  • 顧客ニーズに合わせた商品やサービスを提供できる。




自動精算機が活用される場所
 

自動精算機は、主に以下のような場所で導入されています。


自動精算機


小売店:

  • コンビニエンスストア

  • スーパーマーケット

  • ドラッグストア


飲食店:

  • ファーストフード店

  • ファミリーレストラン

  • カフェ


サービス業:

  • 映画館

  • 遊園地

  • スポーツ施設


公共施設:

  • 図書館

  • 博物館

  • 公共交通機関




自動精算機が解決する問題

自動精算機は、以下のような問題を解決することができます。


自動精算機


  • 人手不足:

  • レジ業務を自動化することで、人件費を削減し、人手不足を解消できる。

  • 特に、人材確保が難しい地域や時間帯において有効。

  • 業務効率化:

  • 会計処理を自動化することで、待ち時間を短縮し、顧客満足度を向上できる。

  • 顧客は、スムーズに買い物やサービスを利用できる。

  • データ分析:

  • 購入履歴などのデータを収集・分析することで、マーケティング戦略の強化に役立つ。

  • 顧客の購買傾向を把握し、効果的な販促活動を行うことができる。

  • 非接触化:

  • 現金や紙幣の受け渡しを必要とせず、衛生的に利用できる。

  • コロナ禍の影響で、非接触化へのニーズが高まっている。

  • セキュリティ:

  • 現金の盗難や偽札の混入などのリスクを軽減できる。

  • 監視カメラや防犯装置などの対策を講じることで、セキュリティを強化できる。




2024年、自動精算機販売拡大の転換期到来
中小企業省力化投資補助金

2024年に入り自動精算機を対象経費に含める補助金が新たに制定されました。



中小企業省力化投資補助金(中小企業省力化投資補助事業)という名称のこの補助金は人手不足に悩む事業者を対象に制定されています。



自動精算機においては飲食業・小売業の事業者を対象に購入費用と導入経費(設置作業、運搬費、動作確認費用、マスタ設定等の導入設定費用など)が補助対象経費として認められています。補助額と補助率は以下の表のとおりで、販売単価をそのままで購入費用を約50%補助される内容となっています。よって販売する側にとっては大きなビジネスチャンスとなります。




補助金活用のメリット


  • 導入費用の負担軽減

  • 最新機種の導入促進

  • 導入後のランニングコスト削減

  • 競争力強化


従業員数

補助率

補助上限額 (事業者が大幅な賃上げを行う場合)

5人以下

1/2以下

200万円 (300万円)

6~20人以下

1/2以下

500万円(700万円)

21人以上

1/2以下

1,000万円以下 (1,500万円)



中小企業省力化投資補助金を活用する方法


販売店(メーカー含む)が中小企業省力化投資補助金を活用するにはこの補助金のルールを理解した上で正しい手順で活用を進めていきます。以下にその概要と詳細の記載と関連記事情報を添付します。



IT導入補助金をご存じの販売店であれば、IT導入補助金の流れを類似しているとお考えください。





中小企業省力化投資補助金の流れ
 

中小企業省力化投資補助金の流れは以下の通りです。


STEP1製品審査申請を行う(製造事業者登録申請・省力化製品登録申請)


販売店は指定された工業会に対して製品審査申請を行う。

指定された工業会 

一般社団法人日本自動販売システム機械工業会

工業会mail

工業会電話番号

03-5579-8131



STEP2省力化製品及び製造事業者として承認される


申請された書類は工業会→補助金事務局→有識者委員会→中小企業庁という順に承認がされていきます。その後、工業会から証明書が発行されて正式に製造事業者としての登録申請が可能になります。


STEP3省力化製品のカタログ登録を行う(カタログ登録申請)


製造事業者として登録が完了した後は、補助金事務局が用意するカタログに製品を登録する。




STEP4製品がホームページで公開される


カタログ登録された製品が正式に公開される。




STEP5購入希望の事業者と共同で補助金を申請する


カタログを見た購入希望の事業者が販売店に問い合わせを行い、事業者と販売店が共同で補助金を申請する。




補助金の活用支援

メディア掲載時の写真

以上から補助金の活用は自動精算機分野において大きな販売機会だと言えます。


補助金全般の特性として初めに申請された事業者が有利という特性があります。補助金事務局側も新しい補助金の基準となる事例を見つけたい、補助金の予算が豊富という要素があるからです。


今回、新たに制定された中小企業省力化投資補助金は自動精算機がピンポイントに対象経費に含まれています。中小企業省力化投資補助金では今後、自動精算機のような製品カテゴリーが300登録され、各カテゴリーごとに100種類の製品が登録される見込みとなっています。その製品カテゴリーの中でも自動精算機においては初めの9カテゴリーに選定されていることを踏まえると日本経済にとって重要な製品である国からも認められているということです。


当社では販売店様の支援を開始しています。


類似スキームのIT導入補助金においても各販売店様の書類作成の実績を数百件あり、事業再構築補助金、ものづくり補助金といった難易度が高い補助金を年間170件以上支援している実績もあります。


そのため、補助金を活用したい事業者様、販売店様の双方のアプローチが可能です。


さらに中小企業省力化投資補助金においては関連グループ企業を通じて当社でも製品登録を進めているところです。


この記事をご参照された販売店様で中小企業省力化投資補助金を活用して自動精算機の市場拡大を狙いたいというご要望がございましたら当社までお声掛けください。






中小企業省力化投資補助金

無料相談はこちらから







中小企業省力化投資補助金

無料カタログ登録サポート


人手不足をチャンスに!売上アップ&生産性向上は「省力化投資補助金」で!


省力化対象製品のメーカー・販売事業者の皆様、事前のカタログ登録はお済みですか?

このチャンスを逃すことのないよう、お早めにご相談ください。


詳しくはこちらから


中小企業省力化投資補助金 省力化製品 カタログ登録


参考記事



Comments


bottom of page