間違っていませんか?正しいWeb広告の選び方を徹底解説



ディーラー・自動車販売店に適したweb広告とは


WEB広告の配信目的


WEB広告の特徴の1つは、マスメディアの広告とは違いターゲットを絞った配信ができることですので、何のための広告配信なのか目的を明確にすることが求められます。


「新規顧客の獲得をしたい」「コンバージョン(成果)をあげたい」「企業ブランドの認知を高めたい」など、その目的に合わせた広告を選択・組み合わせることで、費用対効果の高いWEB広告を行うことができます。


そして、費用対効果が高いということは、そのまま他社に対しての競争優位性につながります。


認知を高めるためのディスプレイ広告


認知を高めるには「ディスプレイ広告」がおすすめです。


サイトの広告枠に掲載されるので、まずは商品を知ってもらい興味をもってもらう、認知を高めるための広告と言えます。目的やニーズが明確でない不特定多数にアプローチできます。


ディスプレイ広告の種類は以下に記載します。


・Google広告のディスプレイ広告

・Yahoo!広告のディスプレイ広告

・LINE広告

・Criteo ※1

・SNSディスプレイ広告


※1 ダイナミックリターゲティングに加え、サイト未訪問の潜在的な新規顧客の獲得向けの広告メニューやモバイルアプリ広告など様々なプロダクトを提供しています。



ストーリーやブランドメッセージを伝えるSNSキャンペーン


ユーザー同士で投稿をシェアすること拡散力があるSNSを活用することで企業やブランドの認知度を高めることができます。


・Instagram(インスタグラム)

キャンペーン例:フォロー&リポスト、フォロー&コメント、フォロー&ハッシュタグで投稿など

・Twitter(ツイッター)

キャンペーン例:フォロー&リツイート、フォロー&コメント、フォロー&ハッシュタグで投稿など。

・Facebook(フェイスブック)

キャンペーン例:いいね!、フォロー&投稿など。

・LINE(ライン)

友だちになった人にクーポンやセール情報を送ったり、動画視聴や来店でLINEポイントをプレゼントしたりできます。



コンバージョンを獲得に最適なリスティング広告


コンバージョンを獲得するのにオススメの広告は「リスティング広告(検索連動型広告)」です。


ユーザーが検索したワードに連動しているので、興味がある・購入の意思がある人に向けて配信することができ、効果的に売り上げに繋げることができる広告と言えます。


・Google広告の検索広告

・Yahoo!広告の検索広告


カーディーラー 自動車販売店 SEO MEO SEM RPA ホームページ デザイン 動画 YouTube プロモーション NFT Web3 メタバース

閲覧数:0回

最新記事

すべて表示

デットでの資金調達 ・資本性劣後ローンの申請サポートも行っています。 エクイティでの資金調達 詳細は下記よりお問い合せください。

資料をダウンロードした見込み客が資料を見ている可能性が4割だとした場合、反応がなかった6割に対して、再アプローチすることで劇的にコンバージョン(成約率)を上げることができます。 つまり、Noと言ってもらうことで、Yesを増やすことができるということです。 Yes/Noだけで結構ですので、ご連絡いただけますでしょうか。 もちろんどちらのご返事でも、ありがたく承ります。