圧倒的な武器となる「最強のホームページ」




競争優位性を確保するためには、「広告費に対しての顧客獲得単価を他社より下げる(CPA)」ことが求められます。



施策成功のためには二つの秘訣があります。


1. クリック単価(CPC)を下げる秘訣

2. コンバージョン率を上げる秘訣



一般的なクリック単価を下げる方法は、SEM(主に以下の三つ)の最適化です。


・SEO対策

・リスティング広告

・MEO対策(Googleマップ最適化)



コンバージョン率を上げる一般的な方法は以下のようなものとなります。


・費用はかかっているがコンバージョンの取れていないキーワードを停止する

・商材に関係ないキーワードを除外する

・広告文を見直す

・広告の配信ターゲットを見直す

・広告のクリックで表示されるページを見直す



では、一般的な施策とは別の、コンバージョン単価(CPA)を下げる秘訣とはどのようなものなのでしょうか。



それの秘訣が最強のホームページ(もしくはランディングページ)なのです。



こちらの一般公開ページでは要点だけお伝えします。



マーケティング」が適切に行われている会社では、好きと伝えたい顧客が明確に定義され、ムダな広告費用をかけていません。全体的な知名度を高めるための「広告宣伝」とマーケティングは明確に違うことを理解しましょう。


PR」は第三者から商品・サービスの推薦をしてもらうことです。会社が自分たちの商品・サービスの宣伝を行うのでは高い効果は期待できません。


最終的に「ブランディング」が確立した商品・サービスでは、広告もマーケティングも必要なく、お客様の方から好き(欲しい)と言ってもらえるようになります。そのためには、集中と選択をした上での自社ブランドの確立が必要となります。その商品がお客様のステータスとなるために、商品にそぐわないものを排除する選択も求められます。



CPC、CVRはCPA達成のプロセス。CPAが最も重要となります。

LTV(Life Time Value:顧客生涯価値)を意識してCPA(顧客獲得単価)を設定しましょう。



用語


CVR(コンバージョン率):Conversion Rateの略。Webサイトへのアクセス数(ページビュー、またはユニークユーザー数)のうち、コンバージョン(商品購入や資料請求など、会員登録など)に至った割合です。


CPA(コンバージョン単価):Cost per AcquisitionまたはCost Per Actionの略。顧客獲得単価。顧客・成果を獲得するために、1人あたりにかかった費用を指し、「コスト÷コンバージョン数」で算出できる。


CPC(クリック単価):Cost Per Clickの略。広告の効果を図る指標として使われ、計算式は「広告費÷クリック数」で求められます。


リスティング広告関連のその他の用語はこちら

https://www.customercloudcorp.com/post/adwords


カーディーラー 自動車販売店 SEO MEO SEM RPA ホームページ デザイン 動画 YouTube プロモーション NFT Web3 メタバース


閲覧数:16回

最新記事

すべて表示

デットでの資金調達 ・資本性劣後ローンの申請サポートも行っています。 エクイティでの資金調達 詳細は下記よりお問い合せください。

資料をダウンロードした見込み客が資料を見ている可能性が4割だとした場合、反応がなかった6割に対して、再アプローチすることで劇的にコンバージョン(成約率)を上げることができます。 つまり、Noと言ってもらうことで、Yesを増やすことができるということです。 Yes/Noだけで結構ですので、ご連絡いただけますでしょうか。 もちろんどちらのご返事でも、ありがたく承ります。