top of page

【スマホ対応】Larkを使って自動で売上管理表を作る方法


カスタマークラウドが正規代理店をしているLarkを紹介している動画がありましたので機能別で紹介をしていきます。




月別担当者別の売上を一瞬で出すことができます

 

今回はLarkで売上を管理する方法についてお伝えしていきます。

会社の売上を可視化できない売上管理に時間がかかりすぎているこのように感じている経営者の方は、Larkを使えば簡単に売上を管理できるようになります。


売上を把握できないまま放置していると・・・


・会社の資金繰りがうまくいかなくなる

・従業員に正当な評価ができなくなる


このような状況に陥る危険があります。


今回この動画で紹介するLarkを使った売上管理を行うことで、このように月ごとに売上をグラフで可視化したり、このように担当者別の売上を細かく把握できるようになります。実際に僕の会社だけではなく、支援先の企業でも、Larkでの売上管理をどんどん導入していってます。数値管理がしっかりとできるようになると、安定した経営につながったり、新規事業への投資を行うことができるようになったりと、メリットばかりなので、少しずつ改善していきましょう。


今回はLarkというツールを使って売上管理システムを作っていきます。後ほど詳しく紹介しますが、1度作ってしまえば、あとは重要員が日々の数値入力を行うことで、会社全体の売上管理表が完成しますので、経営者の管理コストも削減することができます。




どういうものが完成図としてできるのか



こちらが完成系の図です。こちら店舗されている美容室です。(デモアカウント)

この中で、そもそも何ができてるのか、ここに関して話をする前に、まずはどんな風にすればこの画面が行くのか、っていう実際の従業員ののやり方です。ここについてお話をしていきます。

Larkは、スマートフォンとの連携が非常にスムーズで、見やすさにもこだわっています。従業員が日々の売上データを入力し、管理者が承認する仕組みを使って、効率的な売上管理を行えます。


まず、Larkのワークプレイスから売上日報をタップして開きます。ここでは、日付や売上アイテム(例:ワックス、シャンプーなど)を入力し、申請ボタンを押すことで売上データを提出します。このデータは承認者によって確認され、反映されます。こうしたプロセスを通じて、売上データが一元管理され、透明性が高まります。


さらに、Larkは目標管理にも対応しており、従業員やチームごとに目標を設定できます。これにより、売上目標に対する達成率をリアルタイムで把握でき、経営者はすぐに現状を把握できます。スマートフォンからも同じ情報を確認でき、管理作業が効率的に行えます。



Larkを使って可視化するには

 

実際にここからは、これを自分たちで作りたいんだっていう人もいらっしゃるかなと思いますので、どんな風にしていけばLarkを使って可視化できていくのでしょうか。


そもそもLarkのどの機能を使っているのか、ここからお話をしていきます。

まず、Googleでラークを開いていただくと、アプリの形で表示されます。今回の売上の管理を作るには、ツールとして以下の2つでできます。


・承認

・Base


承認とは何かと言うと、重要な情報を入力してもらうものが承認です。そしてそれを実際にグラフ化にしていくものがこのBase。という風に考えていただけたらいいと思います。







まとめ

 

毎日、日報を受け取っていると思いますが、それを一元管理していないと色々なものがうまく整理されず、情報の把握が難しくなることがあります。そこで、Larkを活用することで、これらの情報を一つの場所にまとめることができます。


これにより、実際のコミュニケーションの手間を減らすことができ、情報が適切に管理されている方々は、一つのダッシュボードから簡単に情報を把握できるようになります。


このように、Larkを使うことで、見やすいデザインで最小限の労力で売上管理をすることができます。日々忙しく、目の前の業務に追われていると、長期的な目標について考える時間が短くなってしまうことがあります。しかし、安定した経営をするためには、数値管理をはじめとする長期的な経営視点が不可欠です。煩わしい業務だからこそ、Larkのような便利ツールを駆使して、最小限の労力で管理していきましょう。


今回ご紹介した売上管理の方法は、Larkが非常に素晴らしい機能を持っていることを示しています。最後に、この売上管理を活用して、経営においてどのように役立てるかについてお話ししましょう。


売上管理は、店舗や企業によって異なる視点から行われるものであり、あくまで参考例の1つとして捉えていただければと思います。売上管理をより効果的に活用し、経営の成功につなげましょう。







閲覧数:0回

最新記事

すべて表示
screenshot-20240111-095026 (1).png
bottom of page